ダブルケアー

「ちょっこし、これ(カイロ)貼ってごいて」と、ばあちゃん。
この前まで、毎日湿布を貼っていた場所(背中)、今後はカイロの定位置になる模様。
今日はありがたいデーサービス。
紫色のスカーフなど首元に忍ばせる93歳。
凍える寒さもなんのその、ブーツを履いて「いっていらっしゃい〜」

昨夜はひ孫が里帰りから戻り、「メイちゃん、メイちゃん、メイ子ちゃん!」と大興奮。
宅急便さんがピンポン!しても知らん顔(いつも居るのになぜか不在票ばかりが届いている)なのに、メイちゃんが来たことはすぐ分かるんだから・・・不思議。
この前までばあちゃんに声をかけられるとニコニコしていたメイちゃんだが、どうやら本格的な人見知りが始まり「考える人」になっちゃった。
いつもの調子で「メイちゃ〜ん」と近づき、泣きっ面されて戸惑う93歳。
仕方なく遠くから、「メイちゃん、メイ子ちゃん〜」と呼び続ける。
「ああ、ほ〜らな。自分のことだと思うしこで、こっちみいがな、なあ〜」
「メイちゃんかや〜、メイちゃんだな〜」
これを夕食中、エンドレス・・・。
「もしもし、ご飯がこぼれていますよ〜、ちゃんと食べてください。」

やれやれ。
年末年始、0歳と93歳が集う我が家。
子育て支援と高齢者介護、ダブルケアーが待っているのだわ。




[PR]
# by coco-an | 2017-12-12 09:35 | 嫁のぼやき | Trackback | Comments(0)

ここあんには時計がない

ここあんには時計がありません。
かつて、借り物の古い柱時計が1時間ごとに「ボーン!ボーン!」と時を告げていた時代(5年ほど)がありましたが、その時計を持ち主にお返ししてからは、ほぼ時計なし状態が続いています。

以前の記事にその「お時計さん」がつぶやいているのを見つけました。

今、「お時計さん」はどうしているかしら?
冬が来て、ここあんの建具(障子)を閉め切って過ごす頃になると、あの音が懐かしく思い出されます。

時計がないなら無いなりに過ごせるものですね。
「お時計さん」2号を求めようかと思ったことさえ、近頃は忘れています。
けれども、毎日ネジを巻いて、「お時計さん」のご機嫌を伺いながら過ごした日々は、やはり幸せだったなあ。
これから先、再びここあんに時の音が響くことがあるとしたら、ねじまき時計がいいでしょうね。

[PR]
# by coco-an | 2017-12-11 08:16 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

初雪、そして”あぶぶ”

夜半から雷ゴロゴロ激しい雨、と思ったら朝には屋根にうっすら雪が・・・。
本格的な冬を感じさせるここあんの前。
d0131255_08460709.jpg
d0131255_08455401.jpg
寒い中、ストーブに用心しながら、小さな人たちとわらべうたで遊びました。
風邪でお休みの方もありましたが、参加したみんなは元気いっぱい。
歌ったのは・・・
♩ゆうりの木
♩わたしょ わたしょ
♩米という字を〜もちつき
♩いちべえさんが
♩ろうそくぱっ
絵本は・・・
「ペンギンたいそう」
「だっこしてだっこして」
「ろうそくぱっ」
d0131255_08462817.jpg
お楽しみのおやつは、リンゴのコンポートでした。

来年1月からのわらべうたの予約を受け付けます。
今月めでたくあぶぶを卒業し、1月からとことこに進級する人もありますね。
あぶぶ第2金曜日クラスの皆さん、来年またお会いしましょう。
素敵なクリスマス、そして良いお年をお迎えください。



[PR]
# by coco-an | 2017-12-09 08:55 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)

クーゲルバーン・ベビー

組み立てクーゲルバーンの面白さはもう皆さんご存じですね。
先日の「つみ木アート」のイベント中に「あ、これは幼稚園の頃からずっとずっと欲しかったやつだ〜」と子どもに言わせるほど面白さ満載の積み木。ビー玉転がしで遊ぶのです。

将棋の藤井颯太さんが幼少期に熱中したと噂のキュブロ(現在は売り切れにて予約注文らしい)と通じるモノがある木のおもちゃです。
(キュブロがそれほどまでに売れるというこの国の状況にややあきれてしまうのは私だけ?)

さて、その組み立てクーゲルバーンにベビーが出ていたなんて、ね。
d0131255_15313005.jpg
まずは遊んでみなくちゃ!ちょうど良く二歳のAちゃんが遊びに来ていたので組み立ててみた。
小さなお子さんでも扱いやすい大きな玉が緩やかなカーブを転がっていきます。
そしてゴールにはベルが待ち受けています。
玉は二つ、その内一つには溝が刻み込んであり転がるスピードが微妙に違う。

子どもって、玉が好き。
転がるモノも好き。
初めのうちはスロープの上から転がすだけでしたが、二つの玉を同時に転がしてみたり、途中で止めてさっと取り出してみたり、手でぐっと押したり・・・。
玉と戯れるAちゃん。
お母さんが思わず「ねこみたい」って。ホント!おもちゃにじゃれつく猫のようです。

対象年齢1歳半〜。
玉の大きさはハンマートイ(玉落とし)の玉と同じ大きさ。
色違いの玉で追いかけっこしたりもできますね。

ここあんのおもちゃコーナーに置いておきますので、ぜひ遊んでみてね。


[PR]
# by coco-an | 2017-12-07 15:54 | おもちゃや(小商い)情報 | Trackback | Comments(0)

えんでくう(マルマスにて)

ここあん前のcafeマルマスの名を「フランス語?」と尋ねる人があった。
そうよね、予備知識なしで耳にしたらフランス語っぽいかも。
おしゃれな蔵カフェだもの、頷ける。
常連客の年代は幅広く、若い人から元気な高齢者まで、老若男女が集うオアシス。

さて、ここで私が密かに楽しみにしているのが、マスターのアガーミチベン(上道弁)。
お客様には丁寧に、と気を配っておられるので接客はもちろん標準語。

「(ご注文は)お決まりですか?」

お手洗いは?と聞かれると、
「はい、ご案内いたします」

カレーなど食べていると、
「お水のお代わり、お持ちしました」

完璧でございます。
・・・が、店内とは言え、身内にはついはずみで出てしまうのが方言。

一昨日などは懐かしい言葉を聞いた。
ママさんに向かい「○○〜(名前をよび)、わし、ちょっこい、えんでくうけん、たのむ」
ママさん、「は〜い」

一瞬「ん?えんでく〜けん」(バームクーヘンを連想。)
ドイツ語か?
な〜んてね。わかっちょりますよ、「いんでくる」ってことだわ。
でも、久し振りに聴いたなあ。

マスターのアガーミチベン、好きだわ。




[PR]
# by coco-an | 2017-12-06 14:47 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る