お待たせしました。12月のここあん便りです。
明日は自由開放日、お昼休み以外はここあんにおりますよ〜。
d0131255_11565759.jpg
d0131255_11571283.jpg



[PR]
遠方よりの親戚縁者の皆々さまをお見送りし、やっと我が家にてひと息。
12月3日、晴れて良き伴侶とともに結婚の挨拶をする息子の晴れ姿は、誰かに見せるのが惜しいくらいに立派でした。
色々な方に支えられ、育てられ、社会人として自信がついたのでしょう。
いつのまにか、素敵な大人になっていたのねと改めて実感できて(親ばか)、本当に嬉しかった。
息子よ、そしてお嫁ちゃん、ありがとう〜。
母であることを存分に楽しませて貰ったよ。
d0131255_14083272.jpg
持ち帰ったお花さんたち、少々疲れて私同様”しおしお”しています。
早くお水、お水emoticon-0156-rain.gif


[PR]
お便りは現在制作中。
ひとまず今月のスケジュールをお知らせしておきます。

◎お外遊び、12月22日の参加者募集中です。
◎おむつなし育児の会、12月26日の参加者募集中です。
◎土曜日文庫12月17日はクリスマスのお話し&アナログゲーム大会の予定です。
◎あぶぶ12月9日、午前午後共にひと組受け入れ可能です。
ここまで↑の参加申し込みは随時お受けしています。

◎来年1月からのわらべうた”あぶぶ・とことこ”予約受付を開始します。
受付開始は12月20日 午後2時から



[PR]
「ファンタジーボックス」
こども未来ネットワークが発行している会員向け情報誌の名前だけど、元々は鳥取県西部地震の被災地支援活動の事業名でした。

「ねえ、鳥取大変だったでしょう。今度近くまで行くから、寄ろうか?」
先月の中部地震の後、人形劇人や音楽家など、旧知の方々がお声がけくださる。
ありがたいなあ〜

2000年の初冬、みぞれ交じりの雪がちらつく境港、道路がまだ凸凹していたりブルーシートに覆われた家々もありつつも人々は日常を取り戻しつつあった頃、プロによるファンタジーボックス公演第1回目を開催した。
記念すべき1番はじめの上演者は燕屋のくすのき燕さんでした。さて、いよいよファンタジーボックス復活致します。
来年3月にチャリティー公演がいくつか決まっていますが、来月からの本格始動になりそうです。
現在、保育所・幼稚園とのマッチング中。
記念すべき復活記念公演の演目は・・・emoticon-0111-blush.gif

ファンタジーボックス(被災地支援活動)再開で、子どもたちの笑顔に会えますように〜




[PR]
お礼
今年最後の「あがりみち蚤の市」、お陰さまでお天気にも恵まれ、程よい人出で無事終了。
結構色々売れましたemoticon-0111-blush.gif
「では、また来年ね」などと行って立ち去る常連さんもあり、また来年も頑張ろうという気持ちになりました。
ストーブの上で焼いた「ミニ焼き芋」、ちびっ子たちが美味しそうに食べてくれて焼き芋屋の可能性を感じたり。
陶器類や衣類も結構はけましたしね。
クリスマス関連グッズのみ、今しばらくここあんに店開きしておくことにしました。
次回「あがりみち蚤の市」は寒さの緩む3月からと考えています。

お知らせ
明日(11月28日ですね)はおむつなし育児の会を開催します。
午前10時半スタート。
お子さんの排泄についておしゃべりする会です。
参加費はここあん協力金のみ、事前に何かしらの形で参加表明お願いします。





[PR]