楽しいこと

先日の積み木遊びや土曜日文庫のような、少し大きな子どもたちと遊ぶ機会は、いつものここあんとは違った楽しさがある。
ここあんは子どもたちから放たれるエネルギーでいっぱいになり、空間そのものがはじけちゃいそう。
受け入れられる人数の限界を感じつつも、もっと色んなことができるんじゃないかしらとつい欲張りたくなる。
ここあんを開くとき、いずれは近所の子どもたちがふらりと立ち寄れるような空間にしたいと願っていたこと。なるべく思い出さないようにしていたけれど、そろそろね、それも本気で考えてみようかしら。
そうそう、駄菓子屋をひらくのも一つの夢だったっけ。
土間に小学生向けの立ち読みコーナー「ここあん子ども文庫」をつくりたいとも(実際に助成金申請したけどヒアリングの後落選)思っていた。
駄菓子屋、子ども文庫、どちらも今ならやれそうな気がする。
それっ!って、立ち上がる私の気持ち一つでね。
そしてまた、近頃新たに思いついた「やってみたいこと」が、私の心を占拠し始めている。
うわ〜っ、どうしよう。
何かを思いつくときほど楽しいことはない。
[PR]
by coco-an | 2011-02-22 08:19 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/12958715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろみ at 2011-02-22 10:18 x
うわ~何だろう!hatehateさんのやってみたいことって。私までワクワクですよ。
人と話すうちに私もやりたいことが見えそうな気がしてきました。またここあんにおじゃまします!
積み木遊びはとっても楽しかった祐&杏。最後があんなになっちゃいましたが、帰ってからゆっくり話し、二人とも落ち着いて仲良ししてました。日ごろの私のかかわり方を反省した出来事でもありました…。
Commented by coco-an at 2011-02-22 23:56
ひろみさんへ
心が痛くなっちゃったゆうくんのその後がちょっと気がかりでしたが、泣いたり笑ったり、我慢できないのが子どもですものね。まだまだ当分は、大人を手こずらせてくれないといけません。

楽しいこと。ふふふ。できたらいいなあ〜。
Commented by wkikyoko at 2011-02-24 09:10
ずいぶん春めいてきました。
今日の最高気温の予想は18度です。
本当に、ここあんさんの夢、私も何だかワクワクしてきます。
やりたいことはたくさん口に出したほうがいいんですって。
クチヘンに十と書いて「叶う」だから、最低10回は言いなさいって。
10人の人に言って御覧なさいって。いえいえ、もっと。
クチヘンに百だったり千だったり万だったりね。
その話を聞いて「いいねぇ。」って言ってくれる人や、
応援してくれる人や、一緒にやろうって言ってくれる人や、
そんな人が現れるかもしれないし、言うことで自分の気持ちも強くなるから。
Commented by coco-an at 2011-02-24 14:51
あそびっこさんへ
そうですね、言葉に出してみることは大切ですね。
自分の中でもまだはっきりと整理されていないのですが、小学生位の子どもたちの生活学校みたいなものができないかな〜って、そんなことを考えています。
ここあんの裏庭に「子どもの家」を建てるなんて考えたら、もうわくわくしちゃって。子どもたちと建てるのよ、何年かかるか分からないけど。家までいかなくても東屋みたいなものでもいいかな。生活学校ですから、生活に必要なことは自分たちでやるの。前からの夢だったご飯を炊いたりパンの焼けるかまどもつくってさあ。
駄菓子屋や子ども文庫も子どもたちが運営してくれたりしたらいいよねえ。
などど、妄想はどんどん膨らみますけど、ここあんにやってくる子どもたちがまずは大きくなって、一人で通って来れるようにならないとね。