桃の節句

「寒い!」
言えば言うだけ余計寒くなるようで、ぐっと堪えているものの、つい「さぶっ!」。

こちらでは旧暦でお祝いするのだけど、今日は世間一般的にいう「お雛さま・桃の節句」だね。
お雛さま、出してみようか。長いこと箱入りのまま放置していて気になっていたんだ。
桃の節句の由来、初節句の意味など改めて見てみる。
災いを引き受けてくれる、子どもの身代わりの人形(雛)を流す「流し雛」など、子どもが健やかに育つ事が難しかった時代に生まれた風習に、子を思う大人の姿を感じる。
節目節目にささやかなお祝いをすること。
それは「大事にされている」と、子ども自身が実感できる機会だったかも知れないね。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/13035429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サンデーKU at 2011-03-03 20:26 x
お雛さん出してあげよぉ、年に一回だもん。
セット全部出そうと思うと気が張るので、お内裏様だけでも・・・。
ここ庵が楽しくなります。
Commented by coco-an at 2011-03-03 20:39
KUさま
早速おひなさま出してみました。
少しのあいだ自宅に飾って、後半はここあんに連れて行ってあげる予定です。
by coco-an | 2011-03-03 08:16 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る