おむつなし育児の輪

先日のおむつなし育児の会がとても盛況だったこと、このブログでもお伝えしましたね。
「布オムツ、たのし〜い!!」
昨日は、そうした会話が聞こえてきて、こちらまで楽しくなっちゃった。
「洗濯とか、大変じゃないですか?」とか
「おっしこが出たかどうか、どうやって分かるの?」など
紙おしめ派の誰もが投げかける質問に
「専用バケツに放り込んでおいてまとめて洗うよ」
「ウンチは水洗トイレの水流で流せるし」
「オムツを干し終えたとき、やったーって嬉しくなる」
などなど、ホントに楽しそうに話しているの。
「オシッコ出たなって、何となく分かるよね」とか
「オシッコ出た人?」って聞くと「ハーイ!」って教えてくれるというおじょうちゃんにはみなビックリ。
それにしても、この「楽し〜っ!!」感覚は周りにどんどん感染して欲しいわね。
おむつなし育児だけでなく、子どもに向き合う生活の中に「楽しい!!」を感じられることはすごく大事だもの。
○○のために・・・と、ついついがんばりすぎちゃうお母さんが多いけど、頑張りすぎは禁物よ。
お母さん自身が「笑顔」でいられる。ささやかな歓びを分かち合える仲間がいる。
そうした人たちの笑顔に出会えて、私もとても嬉しかった。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/13051061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wkikyoko at 2011-03-10 08:48
私がやってることも子育て支援って言葉で言われることが多いですが、
大変だから手伝ってあげましょうねっては考えてません。
子どもと過ごす時間が楽しいよね、子どもと一緒で嬉しいよねって
感じて欲しいなぁって思ってます。そんなお手伝いになってるなら私も嬉しい。
「お母さん自身が『笑顔』でいられる仲間」って、本当にそうだなって思います。
Commented by coco-an at 2011-03-10 21:46
あそびっこさんへ
わたしもそう。こどもたちを見ているのが好きで、子どもたちが幸せでいてくれたらいいなって思う。そのとても素敵な存在(子ども)と共に過ごせる時を大切にして欲しいな〜って、それをお母さん達に気づいてもらうことを願っています。
つい赤ちゃんを抱っこしたりあやしたりするけど、「見ててあげるね」なんて気持ちはさらさらなくて、抱っこせずにはいられないだけ。
だっこさせてくれてありがとう、っていう気持ちは「生んでくれてありがとう」って気持ちでもあるのよね。
そういうシンプルな感情のやりとりが、子育て中の人たちを支えるのだと思う。そう言う意味での子育て支援をね、私たちやっているつもり。
by coco-an | 2011-03-05 08:30 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an