悲しみ以上に喜びの連鎖を!

せれんさんのブログで教えられた海外からの応援メッセージ集、不安や悲しみでいっぱいの心がやさしく溶かされていきます。

情報を集めずにはおられない日々、悲惨な状況ばかりが目や耳につきます。
被災地の皆さんや被災地で不眠不休の活動をしている方々を思うと切なくなるばかりですが、思いを寄せながらも私たち自身が元気に明るく生活していくこと、そしてできることなら、小さな喜びや幸せの連鎖を願いたい。

「上を向いて歩こう」
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/13143846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kobushihime at 2011-03-17 05:39 x
寒がりのわたしだけど、「ストーブ、ヒーターの代わりに、もうちょっとだけ厚着したり、膝掛け使ったり、湯たんぽで暖まったりしたら・・・、そのぶん灯油が東北へまわる。」、とか、「よし。この春は“車で外出”の生活スタイルを、お天気の日は“歩いて春探し”に替えてみよう」とか、‘いますぐにできる現実的なこと’を考えられる落ち着きを、すこしずつ、すこしずつなのだけど、自分自身の心が取り戻しつつあるように思います。
とはいえ、むすめが寝入ってひとりの時間がやってくると、あたたかい布団の中にいることが申し訳なく、寝付けない日が続きます。
「1日2個のおにぎりでみなさんがんばっています。私は避難所の方たちが移ってから行きます。」、被爆危険に怯える気持ちと6歳の息子と離れる辛さを押し隠しながら、一人被災者ケアにあたる年下の義姉からのメールです。
むすめの唯一のいとこを連れて、春を見つけにここあんお外遊びへ出かけてみようかな。わたしたちも前へ歩かなきゃ。


Commented by wkikyoko at 2011-03-17 07:51
私も娘に教えてもらって、海外からの応援メッセージ集を読みました。
今回の大震災では、被災された方達の冷静な対応、救援に尽くされている方達のご努力、これからのことに何か役に立ちたいと思っている人達の気持ちが、本当に強く感じられます。
小さな助け合いの気持ちも繋いでいきましょうね!
Commented by coco-an at 2011-03-17 08:34
kobushihimeさま
コメントをありがとう。今朝もまたとてもとても冷えました。けれど春はちゃんとやってきています。kobushihimeさんの心も雪解けの時を迎えつつあるのでしょう。ゆっくりでいいです。そろりそろりと冬ごもりから出ておいで。
被災地で働く義姉さん。こうした方達がいて下さることに感謝します。何よりもお子さんが元気に過ごせることを望んでいらっしゃるでしょうから、みんなで支えてあげましょう。
ここあんがお役に立てたら嬉しいです。いつでも歓迎致します。
Commented by coco-an at 2011-03-17 08:44
あそびっこさんへ
小さな助け合いの気持ち、とても大切ですね。
そして出来ることなら「怒り」「批判」ということを少し横に置いておこうと思っています。今起こっていることに必死に立ち向かって下さっている人たちを認め支援する気持ちをまずは大切にしたいです。
思いやりの心を繋いでいくこと、一緒に続けていきましょう。
by coco-an | 2011-03-16 13:45 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(4)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an