蕎麦、また蕎麦、そしてまた蕎麦

三日連続おいしいお蕎麦で心身ともに大喜び!
5/1(日)、急に思いついてばあちゃん連れて日南町へ。ときわすれ清水やさんで、とき忘れのひととき。
蕎麦にちらし寿司と揚げ出し豆腐の「蕎麦定食」、山菜の天ぷら、玄米餅ぜんざい、きれいに完食。

5/2(月)、実家のばあさん連れて米子市内のそば屋さんへ。ビリケン食堂の「そば切り和助」さんでやはり「蕎麦定食」。筍ご飯にお蕎麦、これまたツルツルッと堪能。(伯耆町の本店へも行ってみたいわねえ〜)

5/3(火)、鳥の劇場へ行く前にちょっと腹ごしらえ。おもしろ市場内そば処にて「山かけそば」をツルツルツル〜ッとね。うまいっ!!

蕎麦はいいね〜。たぶん365日食べれちゃうと思う。
[PR]
by coco-an | 2011-05-04 09:15 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/13509366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wkikyoko at 2011-05-04 20:09
お蕎麦三昧いいですね。
お蕎麦はお蕎麦そのものももちろん大好きだけど、
お店の佇まいも一緒にご馳走になってる感じが好きなのかもしれません。
Commented by coco-an at 2011-05-05 09:17
あそびっこさんの地方にもお蕎麦屋さんたくさんありますか?
山陰はそば処。蕎麦好きさんも多いです。そして、古民家が似合いますね。
Commented by wkikyoko at 2011-05-08 08:46
山陰といえば出雲蕎麦が思い浮かびますね。
あれは学生の頃、島根旅行で割子蕎麦を初めて食べました。
こちらも蕎麦屋さん多いです。あちこちでかけて楽しんでいます。
Commented by coco-an at 2011-05-08 09:39
そうそう、わりご蕎麦はこの辺だけのようね。蕎麦は皮ごと使うので色も黒っぽいのが特徴です。
近頃は、山陰でも更科そば系のお店もちょいちょいあります。色白できれいなお蕎麦って印象。
九州地方で蕎麦を食したことはないけれど、機会があれば是非味わいたいです。