懐かしく、愛おしく

真夏日となった今日の山陰。
少し動くと汗が噴き出す、そんな一日でした。
気になっていた安部朱美創作人形展に、やっと出かけることができました。
こんなに素敵な人形を創る作家さんが地元におられたこと、そしてまたその方がここあん開設当初から通って下さっていたHさんのお母さまだということが何だか嬉しくてなりません。
平日だというのに、美術館には中高年の方を中心にたくさんの来場者があり、人気の高さを感じます。
懐かしい昭和の時代の子どもたち、人々の穏やかでのんびりした佇まい、うっとりするような母と子の姿・・・、信頼という絆で結ばれた人々の表情が素晴らしかったです。
そしてやはり、少女のお人形さんのお顔が、どうしてもHさんとだぶってしまうのでした。
[PR]
by coco-an | 2011-05-20 21:07 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/13618575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 母親H at 2011-05-21 22:01 x
 久しぶりにここあんブログをのぞかせてもらったら、ちょうど個展を話題にしていただいていたので、びっくりしちゃいました。お久しぶりです!ありがとうございます!
 ここあんで一緒に歌ったわらべうたは、今でも私の中で生きています。次女にとっても「ちょちちょちあわわ」は№1です。あ~わらべうたやってて良かった、ってつくづく感じています。わらべうた・・・レパートリーは少ないけど、子どもと共に過ごす、静かで幸せな時間です。
 
Commented by coco-an at 2011-05-22 08:39
母親Hさま
コメントありがとう。元気そうで安心しました。わらべうたを生活の中に取り入れて下さっていること、とても嬉しいです。
こちらへお帰りになったら、またお顔をみせて下さいね。
お母さまの人形展、盛況で良かったですね。打ち込めるものをもっておられることをとても羨ましく思いました。