「できること」と「すべきこと」

もっと何かできるような気がする。
一方で、そんなこと考えず足下をしっかりと見つめて、出来ることを淡々と続けて行くことが大切だとも思う。

ますみおばあちゃんが(羽曳野で文庫をひらいておられた山本ますみさん)亡くなられたことを、先日知った。
ご高齢でもあるし、持病もあるし、もう長くはないと聞いてはいたけれど、やはり残念だ。
S先生が最後のお見舞いに病院を訪ねた時のことを教えて下さった。
「人生ってな、面白いなあ〜」
「人生の終い方は、難しい・・・」と、たくさんお話しして下さったそうだ。
90才ともなると、病のない身体であったとしても、己の身体をもてあましてしまうのでは無かろうか。思い通りには動かないし、老いを受け入れることだけでも大変なことのように思う。
ましてや病を得て、身体的に苦しい中で、ますみおばあちゃんのような言葉を、誰もが発せられるわけではない。
いや、ますみおばあちゃんだからこそ、ああした言葉が発せられたのだろう。

できるかどうか分からないけど、私も、「人生って面白い」と、最後まで言い通せる生き方をしたいなあ。
子どもの傍らで、いくつになっても「あらたな発見」を喜べる人生をおくりたい。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/13684935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by coco-an | 2011-05-31 08:55 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an