人間としてのお仕事

楽しみにしていた「永野むつみ講演会」は、いよいよ明日から。
今日は午後、永野さんがこちらに到着されて、夕方のひとときホテルへとお送りする道すがら色々とお喋りさせていただいた。
明日も明後日も、東京へお帰りになるまでご一緒させてもらうことは大変光栄。

東日本大震災の被災地や原発事故の影響が心配される地域にも講演や公演を通じてのお知り合いがあるそうだ。
「顔見舞い」(手ぶらで顔を見せるためだけにいくお見舞いのことらしい)に行ってきたとおっしゃっていた。
そうした話しの続きに、「人間としてのお仕事」という話しをして下さった。
人間には「生活の糧を得るための仕事」と「プロフェッショナルな仕事だけどお金にはならない仕事」の二通りがあるって。
「皆さんがやってらっしゃる、おやこ劇場の仕事もそうね、人間としてのお仕事よね」と。
そうか〜、人間としての仕事ね。
私の毎日は人間としての仕事だって、誇りを持って良いのよね。

人間としてのお仕事、頑張ろう。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/13784837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wkikyoko at 2011-06-14 21:23
そのお言葉、励まされます!
Commented by coco-an at 2011-06-15 07:41
あそびっこさんへ
そうでしょう。人としてやらねばならないこと、社会に必要とされていること、そういうことだものね。
by coco-an | 2011-06-14 20:51 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an