私には私の言葉が

永野むつみさんのパワーに圧倒され続けた二日間。
午後に永野さんを鬼太郎空港までお送りして、ちょっとひと息ついて、家族とのいつもの夕食を終え、ようやくクールダウンできたかな〜って感じ。
永野さんのお伴をしつつ3回の講演を、全て聴かせていただいた。
あえて何も言うまい。
永野ファンを、たくさんたくさんつくっちゃったことは間違いない。
講演会に参加している人たちの聴く姿勢、表情など見なくとも背中が全てを物語っていた。

さて、明日は私が伝える立場になる。
待っていて下さる人に、私は私の言葉で伝えてみよう。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/13806418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろみ at 2011-06-17 22:48 x
本当に充実した2日間でした。
なんと言葉に表せばよいのか、あまりにも盛りだくさんでわからないくらいです。
ただ、ただ、楽しかった!!これだけは言えます。
人形劇まであと1カ月を切りました。
この楽しみが少しでも長く続くといいな~とも思い、でも早く観たい!とも思い…。

長距離運転もおつかれさまでした。
そして、今日も日南での講座…休む間がないですね。
永野さんのように、子どもたちのために動いてくださって本当に感謝します。
Commented by coco-an at 2011-06-18 09:00
ひろみさんへ
幸せな時間でしたね。大役、お疲れさま。そしてありがとう。

講演会、取り組んで本当に良かったですね。今回の取り組みで、実行委員や運営委員の皆さん自身がとても元気になったこと、そして何より劇場の存在意義や愛着がぐーんとアップしたのではないかと、そんな風に思っています。
劇場の魅力、その第一は「出会い」だと、30代の頃の私はそう思っていました。今もその気持ちに変わりはないけれど、「出会い」の先の「関係性」の方がもっと大切だろうな〜って思えるこの頃です。

次は「かえるくんかえるくん」ですね。もっと、もっと楽しみましょう。そして、その頃には、誰かが喜んでくれる姿に更に大きな喜びを感じられる劇場の活動の魅力に、とりつかれていることでしょう。
by coco-an | 2011-06-16 22:30 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an