若き親たちへ (1)親としてのカン

緊急のお知らせです。
明日、7月1日に予定されていたゲストデー「虫除けスプレー作り」はゲストの都合により延期とします。
変更日は7月19日(火)となります。
ゲストは来られませんが、ここあんは開いておりますよ〜。


近頃本棚から引っ張り出してきたのは河合隼雄先生の「こころの子育て〜誕生から思春期までの48章〜」
改めて読み直してみると、そうよそうよ!!って、私自身の共感モードにスイッチが入った。
Q&A方式の読みやすい本。河合先生の関西弁が所々に出てきて親しみやすさもあるしね。

Q9:いまの子育てで気になることといったら何でしょうか?
A:親としてのカンを磨くのをサボりすぎていることです。

ああ、よくぞ言って下さった。そうよ、そうそう!!全く同感!!
親としてのカンを磨くには、子どもと接する時間を多くして、子どもをよく見ているとだんだんと身についてくる。と河合先生はおっしゃっている。
「子どもを見る」そのことに尽きる、と私も思う。
子どもたちが叱られるとき、親たちは結果だけを見ていることが多い。
その行動に出る前の様子を見ていたら、子どもが何をしたかったのかが分かる。けれど、事が起きてから子どもを見るのではねえ、「どうしてこんなことするの!」って問いただされても、子どもは上手く説明できない。
カンの働く親であれば、「あらあら、大変なことになったね。ママがちゃんと見ていてあげなかったから悪かったね。」などと、責任を引き受けてくれるのだが。
子どもを見ていて理解できているからこそ、我が子が何をやりたかったのかを、たとえ見ていない場面であっても予測することができるのだろう。
今、子どもが何を求めているのか、何をして欲しいのか、何をやろうとしているのか。
それを、子どもの最も身近にいる親が理解してやらないでどうする。
こうしたカンを磨き続けておくことが、それこそ思春期の子どもとの向き合い方を助けてくれるんだよね。

さて、子どもの求めていることを理解する目(親としての)が育ったとして、それを叶えてあげるかどうか、そこはまた別の話でちとややこしい。
子どもの求めるまま、願うとおりにしてやればよい時期はおよそ1才位まで。その後は、良いこと悪いこと、出来ることできないことを繰り返し教えていく時期に入る。
この辺のことは、次回また。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/13932449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りゅうの母 at 2011-07-01 21:36 x
生まれてから、歩き出すまでの約1年間で親としての基礎体力と申しますか、方向性と申しますか、そういうものがある程度決まってしまうように思えます。

1歳過ぎですでに「話の聞ける子・聞けない子」の差が見られます。「個人差」の一言で片付けるのはちょっと乱暴な気がします。赤ちゃん時代にしっかりと愛着関係・信頼関係を築いておくことがしつけを行う大前提だと思います。

わからないから、歩かないからといって、大人の都合に合わせさせるのではなく、もっと赤ちゃん時代を大切にして欲しいものです。
Commented by coco-an at 2011-07-02 09:18
りゅうの母さま
そうかも知れませんね。いや、確かにそうでしょう。
人として生きていくためのベースとなる「基本的信頼」を自分のモノとすることができるかどうか、そこに全てがかかっていると言ってもいいと思いますが、それを親子間で構築できる時期が最初の1年でしょう。
本当に、大切な大切な1年間です。
このことを、赤ちゃんを育てている人たちに、伝えていけるといいなと思います。りゅうの母さま、一緒に伝えていきましょうね。

ただし、苦労を伴いつつ、後年に取り返すこともできるということを忘れてはならないですね。
あきらめないこと。そして気づいた時からやり直すことができると私は思います。
Commented by りゅうの母 at 2011-07-02 20:39 x
同感です!私自身、3男を産み「おむつなし」に出会い、たくさんの気づきをもらいました。その恩恵は3男のみならず、長男・次男にもおよんだ(はず)でしょう。

過ぎてしまった人は振り返ってみればいい。気づきのヒントは必ずあると思うから。
Commented by coco-an at 2011-07-03 11:29
りゅうの母さま
「おむつなし育児」の発想、ものごとのとらえ方は子どもの存在そのもの、生活そのものを見つめ直すヒントをくれますね。
考えるより、まずやってみること、そうすれば言葉で伝えきれないことを必ず実感できますね。
りゅうの母さまに教えてもらった「おむつなし」。ここあんの、そして私にとっての学びや気づきにつながる大切な取り組みとなりました。
by coco-an | 2011-06-30 09:03 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(4)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る