かえるくんかえるくん

d0131255_813316.jpg

境港のアートスタートに参加してくれた小さな人たちへのプレゼント。
小さな腕につけられるようにゴム紐で腕輪状(カエルくん腕時計?)にしてお渡ししました。
このかえるくんを見る度に、人形劇のこと、思い出してくれると良いなあ〜。

今回のアートスタートは、鳥取、倉吉、境港、県内3箇所での開催でした。鳥取は、わらべ館さん主催。倉吉では、アートスタート研修会の一部として、会場設営から当日運営、撤収作業まで研修生さんたちに体験してもらう取り組みも同時に行いました。この研修会については別に報告しますね。なかなか中身の濃い一日でした。
そして昨日の境港は、劇場の子連れ母さんたちが実行委員会をつくり、市役所のアートスタート担当職員さんや子育て支援センターの協力を得ながら取り組みました。
炎天下の中、市の職員さん2名が駐車場係を引き受けて下さり、有り難かったですね。休館日の子育て支援センターをお借りできたこと、そして休日にも関わらず、朝早くから最後までお付き合い下さった所長さんの気持ちの良い対応が心にしみた一日でした。
ふと、劇場を立ち上げた頃のことを思い、夢のようだな〜と、一人感慨にふけったりもしたのです。

ところで、「かえるくんかえるくん」はどうだったかって?
それはもちろん大満足でした。
何より良かったのは、アートスタートの楽しみ方を事前の講演会で学んでいたことが、スタッフはもとより、お母さんたちの意識を変え、子どものその時々の反応を理解できたことで、少々動いたり声を出したり思わぬ反応をしてもゆったりと受け止めることができた、ということでしょうか。
永野さん(ひぽぽたあむ)が講演会で仰っていたとおり、こぐまくんがかえるくんのもとを去っていくシーンの少し前辺りから、とたんに子どもたちのもじもじそわそわが始まりました。そしていよいよさようなら、というところに来ると、居ても立ってもいられずにママのところにいきたくなるのね。それは、まだ言葉を持たない赤ちゃんでもそうなの。かえるくんが嬉しいと、子どもたちも思わずぴょんぴょんしたくなっちゃうしね。
そうした子どもの心持ちに、大人たちが寄り添えた。それも、会場全体でそれを確実に感じられた。
講演会とアートスタートと、取り組みとしては大変だったけれど、だからこそ大きな実りが得られたのだと思うの。
「アートスタート」を通じて、我が子を知る。子どもを理解する。それはそれは、有意義なひとときをつくった、劇場のお母さんたち、すごいね。本当に、お疲れさまでした。
そうそう、お母さんに付き合って会議や準備についてきていたちびちゃん達にも感謝しなくちゃね。

かえるくんかえるくんの感想など、是非コメント入れて下さいね。(境港会場のアートスタート、私は荷物預かりの留守番で観られなかったので)
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/14100033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kobushihime at 2011-07-16 00:42 x
娘とのいい時間をもてたこと、劇場スタッフの方はじめ、このアートスタートの準備に関わられた全ての方に感謝しています。
いっときも舞台から目をそらさず、娘はお人形達の一挙手一投足に見入っていました。こぐまくんがかえるくんのもとへ帰ってきたとき、私が握っていたハンカチをそっと自分の手に取り「これ持っとくわ」と小声で言いました。自分がいつも大事に抱えているクマさんをぎゅっと抱きしめたい気分になったのではないかと察しました。(その日はクマさんはお留守番でしたから)境港から自宅へ帰る車中「(かえるくんの)おはなししよう」と私を誘い「カエルくん○○してたねえ」「なんで○○だったの?」と振り返り(再びおはなしを味わっていたのでしょうねぇ)心はずっとお人形達と一緒にあったようです。私自身、お人形たちの繊細な表現に「お人形」というよりかわいい「お友達」に出会ったような気持ちに。こぐまくんが帰ってきたときにはじわーっと瞳が熱くなり、鼻をすすりながらの退室。すぐにまた彼らと会いたくなってしまいました。<つづく・・・>
Commented by kobushihime at 2011-07-16 00:43 x
<つづき>昨日の夜は、娘とふたりベッドの上で「ブンブン!ブンブン!」「ギャハハハハ!」と“かえるくん・こぐまくんごっこ”となりました。昨日ばかりは「さあ、もう寝よう」と促す気にならず遅くまで二人で飛び跳ね大笑いしました。娘と一緒に『かえるくん・かえるくん』を共有できてよかった。娘の言葉や笑いが自分の感情のように理解でき、“返し”ができる。夜中に私たちがベッドで飛び跳ね楽しんでる声、夫は不思議に思ったことでしょう。でも、娘は夫にもちゃーんとお風呂タイムに『かえるくん・かえるくん』を語っていましたよ
。かえるくんたちかわいい仲間にすぐまた会いたいなあと、お手製マスコットをみては胸がキュンとする母なのでした・・・。
Commented by wkikyoko at 2011-07-16 08:51
アートスタート、県での取り組みといつか聞いたように思いますが、
事業そのものにもきちんと職員さんが入られるのですね。
アートスタートの楽しみ方の事前講演会というのもいいですね。
しっかり根付きますね。何より本当に楽しそう。
カエルちゃんの腕時計ですって!素敵♪
Commented by coco-an at 2011-07-16 14:48
kobushihimeさんへ
Aちゃんとふたり、今がちょっと厳しいときだから、かえるくんたちとのひとときがより一層かけがえのないものになったのかも知れませんね。そしてまたAちゃんにとってのジャッキーが、かえるくんにとってのこぐまちゃんであること、重ね合わせて観てくれたのですね。
かえるくんたちを見守りながら、親子で心を寄せ合って過ごした時間は、これからも度々思い出すことのできる「宝物」です。いつまでも大切にしたいですね。
Commented by coco-an at 2011-07-16 15:06
あそびっこさんへ
鳥取県では、未就学児を対象とした所謂アートスタート事業に対し、補助金制度を設けています。昨年度からは、市町村窓口を通じて助成金申請する(間接補助)かたちになり、市町村の担当者が関わらざるを得ない状況になったこともあって、多くの自治体で職員が実行委員会に加わるというスタイルになりつつあります。ただし、通常は乳幼児と保護者に関わる事業であれば子育て支援課であるとか、健康対策課であるとか、福祉の分野の方がどちらかというと関わりが密なので、こちらの担当者にも同じくメンバーに加わってもらっているのです。
今回境港では、役所の職員さんに色々お願いをして助けてもらいました。顔を合わせること、そして話し合うことで、お互いに理解し合える関係になるのも大切ですしね。そして何より、アートスタートを理解してもらうには、体験してもらう以外ないのですから、こうした機会に是非一緒に観て欲しいんですよね。
Commented by ひろみ at 2011-07-16 15:50 x
最後の片づけまで責任がはたせなかったことがとても心残りです…が、この日まで元気でいてくれて、朝早くから付き合ってくれた子どもたちに感謝!!!!劇場の仲間、役所の方々、お手伝いの方々に感謝!!!!です。
たくさん勉強させてもらって、とっても得した気分です♪
何時頃に撤収できたのか気になります。昼食会はどうだったでしょう?
ありがとうございました!(^^)!

Commented by ひろみ at 2011-07-16 15:50 x
一人で離れて観ていた杏里ですが、こぐまくんが帰ってしまった後くらいでしょうか、気がつくと目の前に座っていました。『居ても立っても居られない』状態だったのかも?
かえるくんたちが楽しそうに跳ねまわる場面で、2,3歳の子でしょうか、いっしょにピョンピョン跳ねて声をあげて観ていました。彼らの楽しさが伝わって体が自然に動いちゃうのね♪と思っていましたが、杏里は『横でうるさくて嫌だった』と言ってました。(あっくんも同じことを訴えていました)「あ~冷静にちゃんと観られるようになったんだね」とうれしかったです。
帰ってからかえるくんのまねをして、コーンフレークを食べたり、観ることができなった祐成にどんなお話だったのかを話してあげたり…すごく楽しかったようです。
神太は…途中でおっぱいタイムをはさみながらも楽しい雰囲気を感じ取ると、むくっと起き上がり、お人形たちの動きに合わせて手を振り体を動かして小さいなりに楽しんでいました。
お見送りでは、こぐまくんとだけ握手してスキスキ♪
ぐずぐずの杏里は、かえるくんともこぐまくんともさよならをできすにお別れしていまい、帰ってからちょっと後悔してました。
Commented by coco-an at 2011-07-17 08:56
ひろみさんへ
大役、それもかんちゃんをおんぶしながら、本当にお疲れさまでした。ひろみさんをはじめ、子連れ母さんたちの努力があってこそ今回の取り組みの成功につながったのですよ。きっと今後の劇場を変えていくことでしょう。
撤収完了は結局1時半ぐらいになったでしょうか。昼食参加者は永野さんたち含め計9名、海鮮丼や煮魚定食をいただきました。
永野さんたちを急がせてしまったので、着替えも充分にできなかったのね、昼食会場のトイレで皆さんお色直しされていました。配慮が足らず、反省しています。
昼食の時は、会場での子どもたちの様子など、それぞれに報告し合ったりして和やかでした。
あんちゃんの発言、やっぱりね、0〜3と4歳以上を分ける必要あるみたいね。
そしてあんちゃんの後悔、次にきっと生かされるでしょう。

色々と忘れてしまわないうちに反省会、しましょうね。
私は劇団員さんを空港まで送り、池淵家のお姉さんたちに永野さんを水木ロードまでご案内頼みました。
Commented by りゅうの母 at 2011-07-17 21:36 x
かえるくんの心をとてもとても丁寧に表現された作品でしたね。「とくべつな日」では、「なにがとくべつ?」というかえるくんの期待・不安、そして怒りをピアノが見事に表していました。りゅうは「コワい」を連発していました。

私的には、こぐまくんとの別れのとき、身もだえしながら耐えているかえるくんがいじらしくて、切なくて、涙がでました。こどもがかえるくんと自分を重ねてみているのなら、大人はわが子を重ねていたのかもしれませんね。

早速ネットで絵本購入しちゃいました!次男が「ちょっと悲しいおはなしだねぇ」と的確な感想をのべつつ、お気に入りになった様子。幼稚園児にも見て欲しいですね。1年後、3年後、成長したりゅうにもリピートさせたいものです。・・・S幼稚園でやってくれないかなぁ。
Commented by coco-an at 2011-07-18 08:49
りゅうの母さま
皆さんがかえるくんのファンになったようで本当に嬉しいです。人形劇を支える音楽もまた素晴らしいものでした。りゅうちゃん、「こわい」といいつつもおかあさんと一緒だから観ることが出来たのでしょうが、見終えて会場を出てきたその顔は自信に溢れていましたよ。ひと仕事成し終えて、何だかぐんっと大きくなったって、そんな感じでしたね。

S幼稚園で上演されるのは、そう遠くないかも知れませんよ。園長先生はじめ、先生方が多数講演会を聞いて下さっていましたし、とても興味を持って下さっていたので。
幼稚園の子どもばかりで観るとどんな感じになるのか、それも見てみたいです。
by coco-an | 2011-07-15 08:59 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(10)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an