心の冒険

昨日は米子市児童文化センターでの「ゲームマスター養成講座&ゲーム大会」でした。
新たにゲームマスターになった方たち、楽しい遊びを子どもたちに伝えていって下さることでしょう。

最近、NPOの仕事の中で要望が増えているのは、こうしたアナログゲームにかんすること。
私たちが信頼を寄せる”おもちゃアドバイザー”の木やさんとタッグを組んで事業展開しています。
アナログゲーム?何?って方にはこちら→アナログゲーム普及のためのDVDがオススメ。(ここあんには貸し出し用がございます。もちろん販売用も。)
DVD映像の中、庵主を見つけた方には豪華景品を、な〜んて「ウソで〜す。」

さてさて、昨日も様々なドラマがございましたよ。木やさんが常々仰っている「心の冒険」の瞬間が。
お友達に負けて悔し涙を流す女の子、涙を手でぬぐいながら「もう一回!」と声に出しました。
みんなで悪者カラスに勝ちました「やった〜」思わずばんざーい!
ゲームは面白い、けれど嫌な思いだってするのです。
もしかすると、マイナスイメージの感情に支配されることの方が多いかも知れません。
ずるをしたくなる心や人をうらやむ心、なげだしたくなる心・・・、そうした心の動きこそ、対面ゲームの中で味わって欲しいのだと木やさんはおっしゃいます。
負けを認めること、それは幼い子どもにとっては難しいことです。けれど、必ずそれができるようになる。そういう子どもの成長表現も、ゲームを通じて発見できますしね。
ここあんにも3歳前後から遊べるゲームを揃えています。
はじめから上手くはいきません。大人が手助けしつつ、「できた」って瞬間がひとつでもふたつでもあったらいいな〜位の気持ちで一緒に遊んで頂ければ嬉しいです。
まずは親子で、繰り返し遊んでみることが大切ですね。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/14167630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りゅうの母 at 2011-07-23 21:18 x
いいなぁ!私も一度参加してみたいです。また是非声をかけてください。

我が家の次男は最近、「負けそう」になると、きぃ~!となって大変です(汗)長男は経験値も増え、落ち着いてきましたが、今日はオセロで母に2連敗し、涙がでました。

しかし息子よ、母も負けまいと必死なのだよ。近い将来、「お母さんは弱いから嫌!」と言われることでしょう・・・。

自分のマイナスの感情を体験する。なんだか先日の「かえるくん かえるくん」に通じるものを感じますね。
Commented by wkikyoko at 2011-07-24 08:46
勝ったり負けたり、得意になったり、いじけちゃったり拗ねちゃったり妬んだり・・・いろんな感情を味わうべきですね。負の感情を押し込めるのではなく、うまく発散させたりコントロールしたりしなくちゃね。
Commented by coco-an at 2011-07-24 09:38
りゅうの母さま
境港市で近々保護者向けのゲームの講座が開催されるようです。夜の講座ですが、確認でき次第お知らせしますね。
年長さんから小学生向けのワークもオススメですよ。ゲーム遊びを人に伝えるためのワークですが、人に分かりやすく伝えるにはどうしたらいいか、体験して、考えて、相談して、発表します。
劇場とかでやれたらいいですね。

オセロに負ける頃には勉強も教えられなくなったりして・・・、徐々に親として情けなさを抱えはじめたりもします。けれど大丈夫、母の存在価値はいつまでも健在です。

敗者の心情を知ってこそ、本当の勝者になれる。Sちゃんのこの頃にはちょっと頼もしさが加わってきましたね。やんちゃな部分とお兄ちゃんらしい部分とが行ったり来たりしているのも見ていて面白いです。
Commented by coco-an at 2011-07-24 09:42
あそびっこさんへ
子どもらしい表情をたっぷりと見ることが出来るから、面白いです。一見クールでよい子風なお子さんが豹変する場面に出会うこともあったりね。
by coco-an | 2011-07-23 09:27 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(4)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る