涼しい夏の日に

こんなに涼しくていいのかしら〜。
夕べは、夫と二人、みなと祭の花火を屋上から眺めた。
今年は花火の数が少し多かったような気がする。違うかな〜。
もう終わりだね、って下に降りた後、やけに賑やかにドンドンドドーンって響いていたから。
夜空を吹き抜ける風は秋を思わせるような涼しさ、時折多くで花火とは違う稲光が発生していたりもして、ちょっと不思議な夜だった。夜半に雨になり、雨はその後勢いを増した。

不思議と言えば、近所の小学校の銀杏の木が葉を落としていて「あれ?」と思った。色づいてもいない緑の葉をたくさん落としていた。
その後、渡のお寺の入り口の大銀杏も同じように葉を落としているのをみた。実もたくさん落ちていた。
この時期に、葉や実を落としてしまうこと、あるんですね。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/14183918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kobushihime at 2011-07-26 01:49 x
我が庭では先週あたりから、身の丈わずか5センチほどのコスモスの赤ちゃん苗がエンジの花をつけているのを見つけて驚きました。全身のエネルギーを振り絞るかのように小さなからだ(苗)で一輪を見事に咲かせ、頭をもたげ支えています。去年は猛暑でどこの畑のコスモスも立ち枯れていたのですが。
夜から明け方にかけては、(はじめは気のせいかとも思ったのですが)明らかに「秋の」虫の声。やはり先週から水やり中にちょくちょくコオロギに出くわします。
いつもはお盆に合わせるかのように咲くグラジオラスももう数週間前から真夏色の花を咲かせ、今年はお供え時期には花が終わっているかもしれないなあと思います。
涼しいのは助かるけれど、季節感の混乱ぶりに体と気持ちがついていきません。
”秋感”の後に猛暑が来たりして、春夏秋冬が入れ替わっちゃうんじゃないかと、そんな異常気象すら起こりえる気がしてくる、近年の非尋常ぶりです。
みなさまお体ご自愛くださいませね。
Commented by coco-an at 2011-07-26 08:52
kobushihimeさんへ
本当にね、ここ数日秋のような風が吹いていましたが、今朝はまた時折夏の日差しが差し込んで、暑くなりそうな予感がしますね。
ここあんに来るちびちゃん達も、鼻水や咳をしている人が少なくないです。外界の環境変化に身体が追っつかない、私もそうですが、みなさんそんな感じでしょうか。
kobushihimeさんもどうぞご自愛下さいね。
by coco-an | 2011-07-25 07:58 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る