ちょっと怖い絵本と子ども

せなけいこさんの絵本、ここあんにも数冊あるけれど、あまり積極的には読まない。
どうしてかな。好きか嫌いかと問われたら、個人的にはあまり好きではないタイプの本なのかも。
けれど子どもが「読んで!」って持って来たりすることは多いんだよね。

今日、「親子で絵本を楽しむ会」のスタッフとしてでかけた先で、おはなし会の後にせがまれるがまま次々に読んだ絵本に、せなけいこさんの絵本があった。
「きれいなはこ」という絵本。きれいなはこを見つけたねこさんといぬさん、どちらも自分が見つけたんだと言い張って、ねこさんはいぬさんをつめでひっかくし、いぬさんはねこさんにがぶりとかみつく、そしたら大変なことになっちゃうの。
実はこの絵本を読む前、2〜5歳ぐらいの3人の男の子たちが絵本の真ん前に座りたくて膝の上に乗り合うようにぎゅうぎゅう押し合って場所取りをして、ちょっと手や足が出たりしていたのね。ケンカにまでは至らないけど、もめはじめてたわね。
ところが、この本を読み始めたら表情が一変して、みるみるしおらしくなっちゃった。
「きゃーっ!!」ねこさんのつめがのびちゃった。
「きゃーっ!!」いぬさんの口が大きくなっちゃった。
ページをみているときの子どもらのぎょっとした顔、助けを求めるような眼差し。
最後に「おばけになっちゃった」で終わると、しばし沈黙が・・・。
あら、この本、効き過ぎた?って思ったらすぐに「もう一回!」とみんなの声が揃った。
読んでいたこちらも、ホッ。
2度目も、やっぱり怖いんだけど、おばけになっちゃうねこさんやいぬさんの真似をしたりして、怖さを面白さに代えようと、3人で大きな口を見せ合ったりしていましたよ。
子どもたちの表情が本当に面白く、1冊の絵本が心を動かす様をじっくり観察させてもらいました。
せなけいこさん。もう少し積極的に読んでみようかな。そんな気持ちになった出来事でした。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/14210288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wkikyoko at 2011-07-29 07:08
せなけいこさんの絵本は、私もちょっと怖いなぁとか、おどかしてしつけてるみたいとか、そう思ったりしてましたが、子どもに読むと、素直に怖がることを楽しんでるんですよね~。

そうそう、お知らせです。今朝の西日本新聞福岡県版に「じてんしゃ図書館」福岡市入りの記事が大きく報じられていました。水車型の本棚に置かれた本を見てる子ども達と着流し姿の土井さんの写真つき。この後、九州・四国・近畿を回って、今夏には全国行脚を終了の予定とのことでした。どこかで逢えるかしらね。
Commented by wkikyoko at 2011-07-29 07:19
エイチピーピーティ://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/255813
あ、記事はここで見てください。
新聞だとモノクロで分かりにくかったけど、ネットの写真は鮮やかですね。
Commented by coco-an at 2011-07-29 08:34
あそびっこさんへ
じてんしゃ図書館、そちらを回っているんですね。記事の紹介、ありがとうございます。元気そうで安心しました。
彼は図書館には必ず行くはずです。そして「百年の愚行」を置いて下さるように丁寧にお願いして回っているはずです。
もし出会うことがあったら、境港の人たちが応援していたとお伝え下さい。
全国行脚を終えた後も、きっと彼は彼らしく生きていくことでしょう。
by coco-an | 2011-07-27 21:46 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(3)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an