「待つ」ということ

ここあんにいて、私はしばしばお母さんを待つ子どもたちの傍らで過ごすことがある。
ここあんの玄関先であったり、トイレの前であったり、そう、彼らはある意味「待たされる」ことを日々強いられてもいるわけだ。
きっと私もそうだったであろう。息子らを待たせる常習犯だったに違いない。
けれど、今幼い人たちと共に過ごしてみて、「待たせない」という努力を大人たちはすべきだと痛感している。
どうしても待たなきゃならないことはある、泣きながらでも親を待って過ごさなきゃならないことだってある。
だからこそ、である。だからこそ、できうる限り待たずに済む工夫をして欲しいと願う。
特に、ほんのちょっと、大人にすれば数分のことであっても、いや、数分だからこそ大人は気づかずにやり過ごしてしまうけど、例えば数分泣くのを我慢して待ち続けているのと、30分よその人に預けられて待つこと、大人にとっては明らかに違うことだけど、子どもにとっては同じかもしれないって私は思う。
時間の概念をもたない子どもにとって、短くても長くても不安であることは同じ。大人の時間と子どもの時間には大きな違いがあるんだよね。
そんなことを思いながら、斉藤惇夫さんの「現在(いま)子どもたちが求めているもの」という本のなかの文章を思い出していた。

小学1年生の斉藤少年の忘れられない記憶。
ある日学校から帰るといつも「おかえり」といってくれる母の姿がない。
家中探しても居ない。斉藤少年は不安でたまらず、玄関先でべそをかきそうになって待っていた。
そこへ買い物かごを下げて母親が帰ってきた。
少年の顔を見るなり「どうしたの」と笑顔の母は明るい言葉の調子で聞いた。
少年は、どうして自分の不安をよそに母は明るく笑っていられるのだろうと不思議だった。
この記憶は初めて母に対して感じた不思議さだったそうであるが、おそらく2,3分の出来事だったかもしれない「いるはずの母がいない時間」は、少年を恐怖と絶望の淵においやったのに、何故母にはその気持ちが分からないのだろうと、そのとき少年は感じたのだそうだ。
この出来事は、大人にとってはほんの数分の取るに足らない出来事であったとしても、子どもにとっては、50年も経て今なお鮮明に覚えているくらいの重大な出来事だったのだと、斉藤さんは振り返っていた。
子どもの時間と大人の時間がどれだけ違うか、斉藤さんは大人の時間が水平に流れるものだとしたら、子どもの時間はそれに対し垂直にひろがり、上の方は永遠とむすびつき、下の方は自分の心の一番奥と結ばれているというイメージだともおっしゃっています。

子どもは大人とは違う時間を生きている。そのことをこの夏休み、しっかりと考えてみたいですね。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/14223089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろみ at 2011-07-31 00:50 x
あ~胸にぐさっときます・・・・・・・。
出かける用意をしていると、必ず神太がついて回って泣き叫びます(+o+)絵本を読んでほしいとやってくる杏里に「あとでね」と言い、いっぱいおしゃべりしたい祐成の話も後回し・・・。
そのくせ、自分の用事は「早く!」と言ってしまう私。
「子どもを待たせてまでやらいといけないことなのか?」と自分に問いかけながらの日々です。
斎藤さんの本、読んでみたいです。
子どもたちと向き合う時間には、じっくりと「子どもの時間」をいっしょに過ごしていこうと思いました。
やりたいことはたくさんあるし、上手に時間が使えるようにしたいな~。
Commented by coco-an at 2011-07-31 09:18
ひろみさんへ
子どもとの暮らしの中で最も難しいのは「待つ」こと、そして「待たせない」ことかも知れませんね。「待つこと・待たせないこと」、どちらも「気持ち・心持ち」を問われているのだと思います。子どもが求めているときに寄り添える心をもっていれば、案外わがままを引きずらないものです。その場しのぎを繰り返しているとかえって悪循環に陥ってしまいますので、どこかで割り切って、優先順位を見直すことも必要かも知れませんね。
子どもって、気持ちさえ受け止めてあげると1分でも満足できたりするのです。「子どもの時間」は量より質、そんな気がします。子どもにとっては「今」がすべて。杏ちゃんの「絵本を読んで」の言葉の裏にどんな思いがあるのかを察してあげることが大切なんじゃないかな。おかあさんをひとりじめしたいとか、ただ抱っこして欲しいとか、何だか落ち着かないとか、そういうことかも知れない。

斉藤さんの本、オススメですよ。あとで少し紹介しましょう。
by coco-an | 2011-07-29 11:02 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る