水先案内人

斉藤先生の本のこと、もう少しご紹介しますね。
これは是非、ひろみさんやりゅうの母さまにお伝えしたいって思っていたことです。

斉藤さんは息子さんにずっとずっと読み聞かせをされていたそうです。自分が伝えたいことが凝縮されている素晴らしい物語の数々を親として読んで聞かせたいという強い思いがあって、子どもさんの成長と共に、絵本から物語へと読み聞かせは続けられたのですが、どうしてもこれだけは最後まで読み聞かせたいと願っていた途中、「パパ、もう自分で読んでいいかな」と息子さんの方から決別宣言が出され断念したのだそうですが・・・。
息子さん、10才の頃の出来事だそうです。
けれど、息子さんとの読み聞かせ生活や、子どもと「本・物語」の関係を見つめる中で、子ども時代に物語の世界を知ることの意味と、そのための「水先案内人」が必要だと言うことに気づかれたそうです。
子どもは、絵本や物語を通じてさまざまな世界を旅することができるけれど、一人でその世界に挑んでいくことはできない。信頼できる人(親や先生など身近な大人)がその物語の水先案内人となってくれるからこそ、恐怖や不安を抱きつつも足を踏み入れることができる。安心してその世界を楽しむことができる。
斉藤さんの息子さんからの決別宣言は、一人で、誰の助けも無しにその世界へ入って行く覚悟をした時なのであろうと、思春期の入り口にさしかかり、自分と言う存在を強く意識しはじめる年頃になった証を、親として見いだされた瞬間だったのではないかしら。

小学生ともなると、絵本を早くも卒業し、読み応えのあるものを自分の力で読むようになるけれど、読み聞かせはまだまだ続ける必要があるようですね。
絵本の見方も変わってきているでしょうから、良い絵本を繰り返し読み続けることも大切。
そして同時に、その年令にこそ出会わせたい本があり、それは早すぎても、遅すぎてもきっとダメなのね。その年頃だからこそ味わえる感覚、世界の広がりがあるんだろうって、そう思います。

さて、では小学1,2年生で読書好きの人たちに一体何を勧めたらいいのかしら?
それがなかなか難しいわね。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/14238824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りゅうの母 at 2011-07-31 14:40 x
どうしても、下の子どもが優先になってしまいます。それでも「たまにはお母さんに読んで欲しい」なんて可愛いことを今はまだ言ってくれます。

一人で読むことを頼もしく感じつつも、物語の世界を共有できない寂しさも親として感じています。

境小では月に一度、「ファミリー読書」のとりくみがなされます。夏休みの宿題にも出されました。なにか二人で大作を夏休み中に読破したいと思っています。
Commented by coco-an at 2011-07-31 21:27
りゅうの母さま
3人いると大変でしょうね。我が家は二人でしたから、各自読んで欲しい本を1冊、母が読みたいのを1冊、計3冊という決まりでした。下の子が小学校に上がってからは寝る前の読み聞かせもやめてしまいました。たまに思い出したように読むことはあっても年齢差もあり同じ本を楽しむのが難しくなっていたのかも知れません。
けれど時折、シリーズもの、「長くつしたのピッピ」や「冒険者たち」(それこそ斎藤惇夫さんの著書)など、親子3人布団の上で少しずつ読みすすめたことはおぼえています。3つ違いの兄弟ですから、下の子は1,2年生だったと思いますが、それなりに楽しんでいたようです。

夏休み中に、親子で何か大冒険できると楽しいですね。
Commented by ひろみ at 2011-08-02 20:00 x
我が家もやっぱり下の子優先。でも、読み聞かせは杏里が優先。
祐成は一人でどんどん読んでしまうのですが、いっしょに読もうとS先生お勧めのケストナーの本を買いました。物語が大好きな杏里もついてこれるかな?
杏里の「本読んで!」は、言われる通り、「抱っこして!」のような気がします。間に挟まれてさみしい思いをしているのだろうな~(私も同じだったので気持ちはわかります・・・)
よいお話ありがとうございます!!
Commented by coco-an at 2011-08-03 08:43
ひろみさんへ
一番小さい人は「泣く」という最強の武器を持っていることもあって、やむなく優先してしまうのですよね。もちろん我慢もしませんし。
夏休み中、積極的におばあちゃんの力をお借りして、我慢のできる人たちに我慢させすぎない工夫も必要かしらね。

とはいえ、息子たちが小学生の頃など、「夏休み、早く終わって〜」って、毎年悲鳴を上げていた私。えらそうなことは言えませんね。
by coco-an | 2011-07-31 10:19 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(4)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る