家族と本のある風景

土曜日に開催される「図書館まつり」には、「家族と本のある風景写真展」というのが企画されており、広く写真の提供を呼びかけている。
何か協力できればと、息子たちのアルバムを引っ張り出してみるけれど。
ああ、我が家の文化度が分かる・・・。
絵本を読んでいる姿の一枚でもありゃしないかと、かすかな期待をしていたのだが、「家族と本のある風景」にヒットしそうな写真は、全くなし。
その代わりに見つけたのは、フラッシュマンになりきる3才の長男。ドラクエの世界に入り込んだ小学生2名の新聞紙での仮装姿。
やれやれ、「家族とテレビのある風景」というなら、なんぼでもあります!
極めつけは、蒜山高原センターでの仮面ライダーショーに兄弟して客席から抜擢された時の証拠写真。
むむむ・・・。
取り返しのつかない幼少期を過ごさせてしまったこと、改めて反省しきりの母でした。

子育て中の皆さま、記録に残すべきは”家族と本のある日常”ですぞ。
日常を、しっかり切り取って残しておきましょう。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/14403860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サンデーKU at 2011-08-23 22:46 x
仮面ライダーショー出演のわが子を見る親の嬉し恥ずかし顔、そこに見えるようです。
「家族と本のある」写真??? 家には絶対ないだろうなぁ。
Commented by coco-an at 2011-08-24 08:03
KUさま
写真とか、積極的に撮る方ではないので、わざとらしい写真ばかりが記録として残ってしまったんですね。
ごく普通の、ありふれた日常こそ残しておくべきだな〜と改めて思った次第です。
Commented by りゅうの母 at 2011-08-24 14:22 x
写真を撮ること自体がイベント的な行為なので、ごく日常的な家族と本のある風景は普通撮らないんじゃないでしょうか?親は読み手になりますし。(企画した方、すいません)

写真好きなお父さんとかいる家庭ならあるかもしれませんね。
Commented by coco-an at 2011-08-24 19:11
りゅうの母さま
土曜日にどんな写真が展示されているか見てみましょうね。もっと早く告知されていれば、そのための写真を撮るってこともできたのかなあ。
写真好きな人は、案外日常のシーンの中に良い表情を見つけて撮れるんでしょうね。
by coco-an | 2011-08-23 09:06 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(4)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る