家族

もう夏は終わりかと思う涼しい日々を経て、またまた蒸し暑い朝を迎えました。
昨夜は、10日ほど留守をしていた次男が戻り、久しぶりに家族全員が揃いました。
人数が増えれば、何にしても手がかかるのですが、やはりいいですね。
誰かがいないと手を取られることが少なく、ホッとするもののどこか落ち着かない、そんな感じがします。
それぞれが、それぞれの部屋で何かやっている、その気配を感じながら同じ屋根の下に暮らしている、そんな日常が好きです。
ばあちゃんの聞くラジオの音量がどんどん大きくなっていることに時々イラッときたりもするわけですが、これも馴れてしまえばどうということはありません。
それぞれが勝手気ままに過ごしているようでありながら、互いの存在を意識し合って暮らせたらいいなと思っています。
これから先、私たちはどんな家族になっていくのでしょうか。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/14425190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 木や at 2011-08-27 13:20 x
いいな~。
根っこの部分がつながっている家族って憧れます。
そんな家族に我が家もなっていきたいです!
Commented by coco-an at 2011-08-28 09:34
木やさまは、すでにしっかりとつながりあった素敵な家族です。

家族でありつづけるために互いに忍耐と小さな努力を積み重ねることはもちろんですが、私自身、潤滑油の役割を果たせる存在でありたいと思っています。みなが気持ちよく生活できること、心も身体も健康でいられること、それはどんなに忙しくても忘れちゃいけない私の大事な仕事。そしてそれができるってことは何より幸せなことかもしれないと、近頃思います。

しかし家族はと言うと、「あ、またかーちゃんに怒られる」と口癖のように繰り返しますから、日々管理されていると感じているようです。


by coco-an | 2011-08-26 08:48 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る