女性が働くということ

昨日は乳児保育を行っている施設でのメディア講座でした。
お母さんたち、若〜いっ!!
息子(次男の)同級生では?と思われる顔を見つけたりもして、
そうか、息子たちに語りかけるようなつもりで話をすればよいのだなと新たな発見。
お子さんたち、みんなここあんへやって来る人たちと同じ年頃。
ちっこくてあのお年頃独特の眼差し・・・ああ、好き好き、可愛い。
それにしても、皆さんえらいな〜。
働きながらの子育て。
未体験の私などが偉そうなこと言えんよねえ〜と、いつも思う。
早い人で、生後2ヶ月から預けられるんだったかしら。
まだ母体の方も万全ではなく、授乳で幾度も起こされるからぐっすり眠ることもできない時期なのに、頑張るなあ〜、すごいなあ〜、感心するばかり。
そうして日々頑張っているかあちゃんたち(お父さんもきっと頑張ってはいるんだろうけど・・・)に、何かひとつでも役に立つ情報やメッセージをお伝えできたのだろうか。
仕事と子どもの世話とに追われ、テレビがついているかどうかさえも意識する暇なし、って方もあるだろうな、生活するだけで精一杯って人に私の思いや願いが果たして伝わるかしら?とか、私なりに悩むんですわ。
そんなことを考えると、頑張れ、頑張れと言うよりも、心が軽くなるような楽しいお話、いい気持ちになれるわらべうたなどをプレゼントした方がいいんじゃない?と思えたり、
時には子守歌うたって、ひとり一人の背中をそっとなでてあげるほうが良いんじゃないかという気がしてくる。
結婚後、フルタイムで働いた経験がないってことが、どうも私を弱気にさせる。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/14891625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りゅうの母 at 2011-11-06 20:51 x
とっても素敵なお話でしたよ!前回は確か5~6年前に聞いたと思うんですけど、ずいぶん印象が違ってましたね。

メディア漬けの弊害よりも、テレビを消すことで見えてくるいいことを前面に出した内容は好感が持てました。後半のM 子さんの語り、特に散らかしたり、うるさかったり、怒ったり・・・それでいいんじゃない?というところに励まされたママもたくさんいると思います。私の前の方も、何度も大きく頷いていましたよ。

ただ、わらべうたの枠はきっちり取ったほうがより良い時間となったのかな~と、それだけが残念でした。
Commented by coco-an at 2011-11-07 08:02
りゅうの母さま
ああ、ありがとう。お話ししながら、りゅうの母さまやAさん、ここあんファミリーのお顔が見えたのは心強いことでした。
絵本・おもちゃや・わらべうたを生活の中でどう生かすか、そこをしっかり伝えられるように時間配分することが課題ですね。
ただし、わらべうたについて語れるようになるにはまだまだ勉強が必要でしょうけど・・・。

これからも精進致します。
by coco-an | 2011-11-06 09:22 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an