見える人・見えない人

こそ丸という妙薬があるんだって。
お薬の注意書きには「錠剤が見える人と見えない人があります」とある。
・・・であれば「こそ」という感謝の気持ちを呼び起こすお薬らしい。
今朝、中国地方のニュースで取り上げられていた情報です。

なんだか、いいね。

中学生の頃、大親友(当時の私にとって自分の命よりも大切ってくらいの仲良しだった)が、誕生日プレゼントに「大人になるクスリ」をくれたことを思い出す。
彼女はね、小瓶の中にピーナツを入れてくれてた。
あれは、今どこにしまっていたかなあ〜。二度、服用したことがある。

私に今、必要なクスリは何かしら。
からっぽの薬瓶の中に、果たして錠剤は見えるだろうか?
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/14968194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サンデーKU at 2011-11-19 17:28 x
”こそ丸”、 一昨日のオカーさん誕生日に錠剤がよく見えませんでした。
今からでもいいでしょうか、改めて服用します。
Commented by coco-an at 2011-11-20 08:05
KUさんへ
錠剤、見えましたか〜??
Commented by wkikyoko at 2011-11-20 09:58
「こそ丸」いいですね。
雑貨屋さんでなく病院で売ってあるというのが素敵です。
そうそう、「見える人、見えない人」というのは、
ステキな金縛りのキーワードでもあります☆
Commented by coco-an at 2011-11-20 14:13
あそびっこさんへ
こういうことがあえて必要な時代なんだろうな〜って、感じます。
ステキな金縛りのような場合、ちょっと見えたい気持ちもありですが、見えないから良いって気もしますね。
by coco-an | 2011-11-19 08:39 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(4)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an