忘れないこと

被災地(東日本大震災の)から遠く離れたところに住んでいる私は、意識して被災地のことを思うようにしなければ、つい忘れがちになってしまう。
「行ける人は、行ってみると良いと思う。」被災地で支援活動を体験した人がそう言うのは、そこに立ってみて初めて感じることがあるからだろう。
その感覚を共有することはできないけれど、せめて思いを寄せることだけでも続けなければ、と思っている。

私がブログにリンクを貼らせてもらっている被災地より未来の子どものためにの三陸こざかなネットのNさんは、東日本大震災を乗り越える親子の記録を募集している。
津波被害によって多くの親子の記録(写真など)が失われたことと思う。そしてその震災により、記録に残すことのできないすさまじい体験をされたであろう。
私が生きているうちに同じ体験をすることは、おそらく無いだろう。けれど、だからこそ、何をどう感じ、とりわけ子どもの傍らにいることで、子どもと共にいることでしか感じることのできなかったことがあるはずだから、そうしたことを教えてもらいたい。
勝手な願いだけれど、語って欲しい、伝えて欲しい。
と同時に、当事者でなければ分かち合えないこともあるだろう。それは互いの心を暖め合うことにつながる。

遠くにいて、見守ることしかできないけれど、Nさんが目標に上げておられる100の声が早い時期に寄せられて、まとめられるといいなあと願いつつ、当事者であるNさんが、こうして動き始めて下さったことに敬意を表したい。
[PR]
by coco-an | 2011-11-27 09:51 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/15012546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。