節目

ここあんを開いたのは2007年秋。
ということは今年の秋で満5周年。
そうか、そうよね〜、ここあん通いして下さるお母さんたち、二人目、三人目のお子さん連れが主流になっていますもんね。

五年、節目の年です。

今までは、自分にできる範囲で、できることを、と思って気ままにやってきたけれど、
五年という歳月は、もしかすると私が思う以上にここあんを成長させたみたいです。
ひとりで背負ってゆくには少々荷が重く感じられ、それは体力的なことでなく、「責任」という徐々に膨らんでくる荷物の存在に気づいたからに他ならないのですが。

「社会的責任」。世の中に必要と認められ、その任を自ら果たしていくこと。
それは、NPO人的立場で言えばとても誇らしく、嬉しいことであるのですが、一方で「ここあんくらいは気ままにやろうよ」という一人のおばさん的発言も耳の底に響いてきたりもして、「行こか戻ろか・・・」と思案しているのも正直なところです。

どういう形であれ、これからもここあんという場所を維持し続けることについてはゆるぎないものがある。そのことだけは分かっています。
ではどう進んでいくのか。
そのことを今、考えるときなのでしょう。
考えましょう。そして、ここからは、今まで以上に周りの方たちを頼りにしていかねばならないこと、それを意識しなくてはと思っています。
[PR]
by coco-an | 2012-02-16 09:11 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/15439370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サンデーKU at 2012-02-16 17:44 x
そうですか、今秋で5年ですか。
小さな場所だけど、若いお母さんや子どもたちにとっては大きく大事な場所ですね。coco-anさんのペースを大事に、仲間の集える場所としてぼちぼち?やっていってください。
外堀の感覚で応援しています。 機会をみてお茶に寄らせてもらいます。
Commented by せれん。 at 2012-02-16 19:02 x
うちもね、2007年の春に本格始動したので、この春で満5年なんです。
6年目突入で、収益もちゃんと経営しながらもこのお仕事をして行く中での社会的役割、どうお役に立っているのか、考えながらいます。
続けていくことだけでなく、続けながらどう生かしていきたいのかを意識しながら試している、今年度です。
ゆるぎないものがあるという強い気持ちを大切にしながら、自分らしく経営していきたいです。お互いに支えあい力になれたら幸いです。

Commented by coco-an at 2012-02-17 16:46
KUさま
ここあんが、まだ今のようなここあんになる前から見守っていただいていますね、ありがとうございます。KUさんにいただいた手作りの立派な表札も、なかなか風格のある色目になってきました。
KUさんを含め、それぞれの関わり方で支えて下さる方があってこその「ここあん」です。
隠れ家の名前をあれこれ悩んだ頃が懐かしくもあり、これからのことをちょっと立ち止まって考えてみています。

○ますカフェのようにはいきませんが、ぜひまたお茶を飲みにお出かけ下さい。
Commented by coco-an at 2012-02-17 16:56
せれんさま
セレンさんも節目の年なんですね。自分らしく仕事をやっていきたい、という気持ちに共感します。ただし、私の方は気持ちばかりで収益性を伴う事業としての確立ができていないのがもどかしい限りです。
これからも良い刺激を与えあえる関係を保ちつつ、お互いに社会的責任を果たせる仕事をしていきたいですね。