葬式とキャラメル

「この前、葬儀があって境港にお邪魔したんですが、チョコレートをもらって・・・、不思議に思いながら聞くにも聞けませんしね。」
先日、県東部の方から、こんな問いかけがあった。
そうそう、家のばあちゃんは随分前から宣言していますよ。
自分の葬式には、キャラメルでなくチョコを付けて欲しいとね。
何故ならこちらでは、ご長寿さまのご葬儀にキャラメルを配る風習があるから。
お亡くなりになった方の年令がおおむね80歳以上であれば会葬御礼(香典返し)とともにもれなくキャラメルが手渡される。
ご長寿を全うされたことに感謝して?とか、あやかる意味ではないかと理解している。
米子にはそうした風習はなかったから、境港と弓浜半島の一部でのみ息づいていることのようだ。

ご葬儀でいただいたキャラメルを食べると長生きできるのかなあ〜。
キャラメルは美味しいんだけど歯にくっついたりして、誰もが遠慮しているうちにまた次のご葬儀があったりなどして、キャラメルの箱が積み重なってゆく。
3箱ともなると、ばあちゃんが「ふれあい」(公民館のデーサービスのような催し)に持参する。
ふれあいのお年寄りさんたち、キャラメル効果で益々お元気。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/15532244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サンデーKU at 2012-03-06 18:23 x
キャラメル、それも森永の黄色い箱のやつ。昔から変わりません。私は好きだから次の葬式までもちません。
ずっと以前のこと、キャラメルどころか紅白饅頭を頂いたことがあります。二人とも90歳を超えたご夫婦で、どっちが後先か忘れましたが一年も間が空かないで亡くなられた葬儀の時でした。
「香典は頂きません。あやかってください」と紅白饅頭をもらったんです。 「なるほどなぁ。こんなのもありなんだ」と納得でした。
Commented by coco-an at 2012-03-06 20:20
KUさま
いつごろからキャラメルを配るようになったのでしょう?
昔からそうしたことが行われてきたのでしょうか?
昔は紅白饅頭だった、なんてことはないですよね。
by coco-an | 2012-03-06 08:34 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an