3・11

3・11から一年の今日、米子市児童文化センターで一日を過ごしました。
テレビでは、震災から一年を振り返る特番を各局が放送していたでしょうが(今もおそらく)、そうしたものとは距離を置き、家族やお友達と楽しく遊ぶ子どもたちの傍らで一日を過ごすことが出来、とても幸せな一日となりました。

午前中の講演の方は、少し力みすぎてメディアやメディアに頼ることを批判しすぎたかも知れません。時間配分もまずく、大切なことを言い忘れてもいますし、小学生・中学生のお子さん向けのお話があまり出来なかったことなど、反省すべき点が多々ありました。
子どもをとりまくメディア環境は刻々と変化しています。
その変化をどう受け入れていったらいいのか、正直迷うことも多いのですが、少なくとも乳幼児にとっては「百害あって一利なし」だと胸をはって言えます。

それにしても、米子には児童文化センターという子どものための施設があり、こうした企画を実現しようとする職員がいて実現できるということを羨ましく思います。
「子ども」にとって何が大切か、ということを考え続けるための場所、そして大切なことを伝えられる場所、子ども自身が体験できる場所。
次年度、30周年を迎えるこのセンターが果たしてきた役割ははかり知れません。

3・11から一年という日を、こうした場所で、子どもたちとともに過ごせたことに感謝します。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/15558816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 木や at 2012-03-12 10:59 x
お疲れさまでした。
ここあんさんのお話を聞いて、その後の家族で遊ぶをテーマにしたイベントを楽しむ中で子どもたちの笑顔や思いがけないすごいところを発見することで「家での時間」「家族の時間」をどう過ごすのかということに目を向ける親御さんがふえることを祈りつつ、ワタクシは店番しておりました!
アナログゲームに行って帰った店長が明らかにぐったりしていたところに「アナログゲームコーナー」の人気を感じ、うれしかったです。
ありがとうございました。
Commented by coco-an at 2012-03-12 21:43
木やさま
店長様には終了近くまでお昼抜きで頑張って頂きました。あわや低血糖で倒れるところだったかも知れません。なので、きっといつも以上にお疲れになったのではないでしょうか。

家族と向き合って過ごす時間、そのかけがえのない時間をみなさんが実感されたのだと信じたいですね。
by coco-an | 2012-03-11 21:07 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る