楽しい時間

ぽかぽかと暖かな一日。
裏庭でAちゃんYくんTくんと遊びました。

空を飛びたいAちゃん。(どうやら本気)
やつでの葉っぱを両手に持って鳥のようにパタパタさせてます。

ひざ立ちができるようになったYくん、庭の凸凹もなんのその、全身で突撃する様は格好いい!!

お子さんたちの成長はもちろん、お母さんたちの変化もうれしくてならない庵主です。
これから先、いつも順調とは限りません。
行きつ戻りつしながらでいいのです。
お子さまと一緒に伸びやかに過ごされますように。

大丈夫。
お子さんたちの笑顔がそう言っています。

赤ちゃんの頃の二人を思い出し、何だか胸がいっぱいになりました。
[PR]
by coco-an | 2012-04-13 08:34 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/15715386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kobushihime at 2012-04-13 23:07 x
お友達との距離をいつも計算している娘が、初めて元気いっぱいKくんと「おおきなかぶ」ならぬ「ちいさなかぶ」を共同作業で引っこ抜いたのはここあんの裏庭(七草がゆ作りにて)。「じぶんでできる!」とお友達を意識しつつスカートをまくりあげて一人でのおしっこじゃーにチャレンジしたのもここあんのお庭。(小さなおしりが並んで圧巻な光景でしたね、「お知り丸出しの会」ならぬ「”お庭で”おむつなし育児」。)おミカンは樹に実ることを知ったのも、猫はいざとなると猛烈な勢いでミカンの樹にも駆け上がるのだと知ったのも、母子して初めて数珠玉を見つけたのも、大切な母親仲間とこどもたちとでシャボン玉を追ったのも、み~んなあの裏庭。いつしか、YくんもAもあんなに楽しげに我が庭のように、おもいおもいあの裏庭を満喫するようになっていたんだなあ・・・。
『だいじょうぶ』・・・庵主さんのお声で、心に録音しておきます。
Commented by coco-an at 2012-04-14 09:15
kobushihimeさま
ここあんの裏庭が、そのようにお子さんたちのお役に立てていたとは、嬉しい限りです。そして、そうした数々の記憶をまた大切に慈しむkobushihimeさん、その記憶の全てがあなたの努力の上にあることを私はしっかり見てきました。
Aちゃんの、くったくのない笑顔は、kobushihimeさんの親心がもたらした宝石のように素晴らしいものです。
これからのAちゃんを信じていいと思います。

そろそろ、親の方にこそ「ひとりだち」が必要になってきたんじゃないかしら。
大丈夫、きっと、うまくいきますよ。