おむつなし育児で気持ちよく

今月のおむつなし育児の会、参加ひと組でちょっぴりさみしい会となりました。
やはり、おむつなしをやっているひと同士が集まるからいいのであって、私があれこれ話し相手になってもねえ〜。
来月はたくさんの参加があることを期待しましょう。

来月のおむつなし育児の会は1週早めの開催です。
7月23日(月)午前10時半〜
きっと、暑いことでしょう。

さて、おむつなし育児の挑戦者たちは紙おむつから布オムツへとチェンジされる場合が多いですが、
布オムツで心配なのが夜の漏れ・・・のようですね。
家の息子たちは夜、2枚重ねで対応していましたが、特に二人目は、オシッコが出てもおかまいなしで熟睡するタイプでしたので(親の方も爆睡!)明け方に何やらじめっとした感触に気づき、「しまった!」ってことが幾度もありました。
おしめはつかみどころがないほどにぐっしょり、カバーやパジャマを通して私のお布団まで・・・。とほほ。

我が家のことはさておき、「朝までぐっすり」がうたい文句の高性能紙おむつがある現代。
夜中に幾度もオムツか濡れたと目を覚ますことが子どもにとって悪いことのように語られかねない状況ですが、ホントのところどうなんでしょう?
たとえ夜中にグズグズいったとしても、たいていはおしめを替えて添い寝しつつトントンしてやればすぐまた寝ちゃうんじゃないかしら。お子さまによっては手強いタイプもいらっしゃるかも知れませんがね。

子どもにとっての幸せは、いつもおしりがさらさら〜なことなどでなく、オシッコが出て気持ち悪いことを泣いたりぐずぐず言うことで、「あらあら」と気づいて新しいオムツに替えてくれ、気持ちよくしてくれるひとがいてくれること。
朝までぐっすり、は親目線でのうたい文句であることを認識しておく必要があるんじゃないかと私は思うけど、皆さんはどう思う?
[PR]
by coco-an | 2012-06-26 09:06 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/16141770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。