あがりみち散歩

今日はお外遊びの日。いつものように上道神社へお散歩しました。
d0131255_21115823.jpg

スタート直後、「Sちゃん、何見つけたの?」 
そうか〜、水が流れているのよね。
あっちでもこっちでも、しゃがんでいるのは何か見つけた証拠。
d0131255_21143260.jpg

「ねえ、ねえ、なに書いているの?」セレンさんの手元を見つめるお兄ちゃんたち。
(いいな〜、セレンさん、カキカキできる石みつけたんだ〜)
d0131255_21162844.jpg

「ケン ケン パ!」
これが案外、ちびっこたちにはムズカシイ・・・。

時折陽差しが差すものの、涼しくてお散歩日和の一日でした。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/16146920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wkikyoko at 2012-06-26 23:13
通り道で遊ぶって、私達が小さい頃は普通にやってましたね。しゃがんで落書きしたり、ゴム跳びやケンケンパをしたり。人や車が来るとよける。通り過ぎるとまた続きをやる…ってね。小っちゃい人達がわらわらといるのって、それだけで楽しそうです。
Commented by coco-an at 2012-06-27 08:17
あそびっこさんへ
普段はお年寄りの姿が多いここあん周辺ですので、私たちの姿を町の人たちは珍しそうに見るのです。子どもたちが元気よく「こんにちは〜」って挨拶してくれるので、みなさん笑顔になります。
Commented by ひろみ at 2012-06-27 10:15 x
まだ舗装道路ではなかったので、石や棒で絵を描いたり、ケンパもいろんなバージョンでラインを書いて遊んだり。松林の中を自転車で突っ切って走り隠れ家を作って…毎日が冒険でした。
そんな楽しいことをたくさんしていたのに、親になってみると「あぶないから」と遊びのはばを制限してしまっているな~と感じています。
最近は、コマなしに乗れるようになった杏里を中心にサイクリングを楽しむくらいかな。

三役会と重なることが多く、参加できなくて残念(@_@)
Commented by coco-an at 2012-06-27 21:58
ひろみさんへ
子どもが時間を忘れて「遊び呆ける」姿、いいですね。そうした時間や機会を奪ってしまわぬよう、できるだけ手出し口出しを控えたいものです。

子ども社会の復活を願ってやまない私です。
Commented by t_ichib at 2012-06-28 16:37
少し前のことですが、2人目の孫娘が保育園の行き帰りに「タンポポを見つけるたびに摘んでいる」と、娘が言っていました。
私の住むところと違い市街地ですから、そんなに花が多くもなく、「そのうち無くなってしまう」と笑っていましたが。

大人の足なら10分もかからない通遠路ですが、小さな子にとっては『広い世界』を感じているんだろうな...と。
Commented by coco-an at 2012-06-28 21:03
t_ichibさま
小さな子どもと外を歩くことは、子どもにはどんな風に見えているのだろうと、いつもの風景を見つめ直す時間になっています。
広い広い世界でしょうね。そして不思議がいっぱいでしょうね。
by coco-an | 2012-06-26 21:20 | イベント報告 | Trackback | Comments(6)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る