初詣

お正月。二日目は雨。
我が家の男ども、一名を除き元旦からお仕事。
なので、それぞれが50メートルほど先の神社へ初詣。
今年は、年末からずっと初詣で祈願することを決めていました。
かねてより、病気療養中の知人一家の健康を、ただそれだけお願いするぞと。
そしてまた、賽銭についても、初詣くらいは小銭でなく紙幣にするものだという情報をどこか(新聞?)で仕入れ、まあそれもそうだと納得し、懐紙に一枚うやうやしく包んで持参いたしました。
心を込めて氏神さまに新年のご挨拶と共にお願いをして参りました。

自分の努力では、どうにもならぬこと。
神頼みとは、そういうことだったかと、何だか神妙な気持ちでいます。
自らの力でやれるだけのことをやってこそ、清らかな気持ちでお願いができるのだなあと、どうしたわけか、新年早々神妙な心持ちでございますよ。

半世紀生きてきて、漸く気づくとはお粗末な話です。

まずは努力。

新しい年が、皆さまにとって良き年となりますように、互いに「努力」いたしましょう。
そして、どうにもならぬことが起こったときは、共に祈りましょう。

本年も、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/17550380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サンデーKU at 2013-01-02 12:08 x
明けましておめでとうございます。
外江の白尾神社で元旦0時から『福餅つきと雑煮ふるまい』をするようになってから40年経ちました。毎年夜中に1000人ほどの善男善女の初詣で賑います。
氏子子青年会として関わってから40年、今は総代役員ですが、元旦朝の初詣はいつもと違う清々しいし素直な気持ちで拍手を打つことができます。

今年もたまにはお邪魔しようと思います。よろしくお願いします。
Commented by coco-an at 2013-01-03 09:13
KUさま
40年続いたことは、きっとこれからも続いていくでしょうね。人が変わっても続いていくこと、理想です。

こちらこそ、本年もよろしくお願い致します。
by coco-an | 2013-01-02 10:18 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an