使命

宮崎駿監督の引退会見。
格好良かったなあ〜。
質問に軽やかに答えているけれど、ちゃんと生きて来た人の言葉だから、言葉に厚みと重みがある。

私はあの日以来、ひとつのフレーズを繰り返し思い出している。
子どもたちに対し、「この世は生きるに値する」ってことを伝えなきゃいけない、(そういう使命がある)って思い続けていたという監督の言葉は、これから先も忘れることはないだろう。

生きていると、面白くないことばかり起こるときがある。
何もかも投げ出してしまいたいと、実際に逃げることだってあるし、
生きていることさえ嫌になるほど辛い目にあうことだってある。
どちらかというと、自分の思い通りにいかないことの方が多いかも知れない。

そしてそれは、大人だけが抱えている問題ではなく、
自分の力で状況を変える術を持たない子どもにこそ当てはまることなんだ。

子どもに関わる仕事をする人間にとって、子どもという存在を理解する上で、欠くべからざる大事なメッセージを、改めて受け取らせていただいたことに深く感謝したい。

どんな時代であっても、「この世は生きるに値する」と伝え続けること。
それは同時に、「あなた自身が生きるに値する存在」だということを伝えることに繋がるに違いない。

私たちが一生懸命取り組んでいる「アートスタート」。
「この世には面白いことがいっぱいある」ってことを小さな人一人ひとりに伝えるこの活動を、
これからも丁寧に続けて行かなければと、そう思った。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/19634996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wkikyoko at 2013-09-11 08:56
この世は生きるに値する!生まれてきてよかった!
そう思える世界にしたいです。世界っていうと大きすぎておこがましいけど、
そう思える地域にまずしたい。それが広がっていくといいな。
そういう小さな点が、いろんなとこで生まれ育つと大きく広がりますね。
Commented by coco-an at 2013-09-12 08:03
あそびっこさんへ
まずは自分自身が生きていることを幸せに思える、そうでなくてはいけませんね。
そして、生きている歓びを誰かと分かち合う。そういうことを続けていきたいです。
by coco-an | 2013-09-11 08:34 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る