子どもとメディアについて

昨夜のクローズアップ現代は子どもとスマートフォンを巡る問題を取り上げていました。
みなさんは、どう思われたでしょうか。

番組では、「9時以降スマートフォンを使わない」という利用の規制を促している自治体の例なども紹介されたが、一部地域だけで取り組むことの意味を問う意見もあり、今どきの中学生、親の考え方が伝わる内容で、色々と考えさせられました。

家庭内のテレビの問題から、ゲーム、そして携帯電話・スマートフォン・・・と、身近なメディアとの関わり方についての講座を実施するようになって10数年。
子どもたちのメディア依存傾向に歯止めがかからない状況を一体どうすればよいのだろう。
無力感に襲われつつ、仲間たちは今日もあっちこっちで講演活動を続けています。

「子どもとメディア」の問題は、親子・家族、人間関係の問題なんですが、そこをどう伝え、どう理解してもらうか、そこが悩ましいところemoticon-0138-thinking.gifなんだわ。
子どもの問題ではなくて、大人(親)が責任を取るべき問題。

誰に規制されなくても、9時を過ぎたらパーソナルメディアはシャットダウンする。
小中学生の子をもつ親であれば、それを子どもに守らせる努力をしようよ。
そして同時に、親の方も子どものお手本になる使い方(メディアの)を示そうね。
そうした家庭が増えさえすれば、子どもたちも救われる。

良識ある家庭が増えることを信じて、諦めずに続けて行くしかないですね。
[PR]
by coco-an | 2014-07-16 09:24 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/20912605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。