食べるということ

身体って、すごいね。
涼しくなってきたら、どうゆうわけかいつにも増してお腹がへるのです。
そして、いつもなら「ごちそうさま」という量を食べ終えて尚、「もうちょっと食べようかなあ」という腹具合。
まさに、食欲の秋到来。

食べること=生きること。

先日、ここあんで見た小さな人たちの姿が忘れられない。
それは、おやつのぶどうを一心に食べる姿。
他のことは考えないの、ただただ目の前のブドウ一粒と格闘するのみ。
「そのままガジガジしていいよ」とママに言われるが、皮を取り除いて食べたいのだもの。
かじってみたりしつつ、小さな指先を必死に動かしては口へと運ぶ。
その真剣なこと。
胸元はもちろん、そこいらじゅうに美味しいジュースが飛び散ろうが、そんなことどうでも良い。
これだけ食べることに熱中できるなんて、もう、惚れ惚れしちゃう〜。
全て食べ終えたとき、やりきった満足感があったからこそ「ごちそうさま」が言えたのだろう。
自分の力で食べる。
それはとても尊いことなんだ。
「とことこ」(2歳児以上のわらべうたのクラス)の子どもたちに、また一つ教えられた。



[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/21149701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by coco-an | 2014-09-26 08:33 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る