わらべうた研修会

わらべうた愛好家(?)が集まって、毎月2会場にて定例会を開いています。
この会に「先生」はいません。
参加者同士で教え合う、というスタイルです。
昨夜は境港会場での定例会。
境港会場には宿題制度を設けており、鬼決め歌で選ばれた2,3名に宿題が課せられます。
今月は、先月入会されたばかりのMさん含む2名がその役を担っていました。
♪さっきないたからすはどこへきた〜♪
はじめて耳にするわらべうたでしたが、覚えやすい曲調はみんなをとりこにしてしまいました。
歌の終いに「カー」と鳴くところがなんとも微笑ましくていいのです。
しっかりおぼえて、いつかここあんで披露したいな。

この会では、地元に伝わるわらべうたを歌い継いでいくことも大切にしたいと考えています。
採譜し楽譜にして下さっている研究家の方があるからこそ、私たちも歌うことができるのですが、歌いやすいものばかりではありません。
幾度歌っても音程をしっかり覚えられなかったり、同じところでどうしても間違ってしまう、そんな調子ですから、なかなか身につきません。

来月17,18日と二日間、山陰のわらべうたに造詣の深い講師をお招きして研修会を開催します。
わらべうたでたっぷり遊ぼうという企画の予定です。
遊びを通じて山陰のわらべうたを、心と身体に刻み込むことが出来ると良いなと期待しています。




[PR]
by coco-an | 2014-09-30 08:13 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/21162535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。