10月のあぶぶ

d0131255_21261842.jpg
あぶぶのおやつは「すはま」。野草茶と一緒にお出ししました。
きなこたっぷりのおやつ、「懐かしい」「美味しい」と好評でした。

ごきげんななめのMちゃんは、今日も元気よく泣いていました。
Mちゃんとしっかり目を合わせておうたを歌える日が益々楽しみになりました。

赤ちゃんって、すごいな〜と感心します。
あんなに小さな身体で、あれほどの声で泣けるのだから。
とても真似できません。

そういえば、わが家の長男も、よく泣く坊やでした。
何故泣くのか、何が原因かと随分悩まされもしました。
「もう〜、どうして?」とこっちが泣きたくなるような、そんな日々があったことを思い出しました。

ここあんで出会ったお子さんの中にも、泣き虫さんが幾人か思い浮かびますが、今はみな素敵なお子さんに成長されています。
もしかすると、音に敏感なのかもしれません。
小さなバイオリニストさんはここあん一の泣き虫さんでした。
わらべうたうたいの知恵さんちには、泣き虫さんが3人生まれたのだと聞きました。そのうちの一人がギタリスト。
わが家のかつての泣き虫もギタリストの端くれです。

泣いている赤ちゃんに、してあげられることは何でしょう。
胸にぴったりと抱いて、おうたを歌ってあげることしかないような気がします。

♪ねんねんねやまの こめやまち・・・♪


[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/21196252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kobushihime at 2014-10-11 00:41 x
「ここあん一の泣き虫」の称号を頂戴し、とーっても光栄です☆(今となっては、ようやく心からそう言えます(笑))「ここあん一の泣き虫」と向き合ってこれた自分に戴いた勲章のようにも感じられ、ふぅ~っ、深夜に子己庵生活のぞいてみて大もうけした気分です☆
ちょうど一つご報告がありました。おとといその泣き虫大将が、思いがけず金賞なるものをいただきました。来春には全国入賞者披露演奏会にて演奏の機会をいただけるとのこと。赤ちゃん時代の未知の音への恐怖心を乗り越えたごほうびかもしれないですね。ここあんにて心地よい音・声にたくさんふれさせていただいたことは、確実に娘の心に、感受性に、浸み入ったのだと感じます。
泣き虫さんたち、ここあんへあつまれ~!
Commented by coco-an at 2014-10-13 09:12
kobushihimeさま
ああ、なんて嬉しいお知らせでしょう。
自分の力で大きく羽ばたいていかれるのを応援させてもらえる。
本当に嬉しいことです。
さあ、ママもお嬢さんに負けてはいられませんね。
素敵な人生を切り拓いて行かなくちゃ!!
Commented by wkikyoko at 2014-10-14 23:58
絵本「かみさまからのおくりもの」を思い出しました。
泣いている赤ちゃんには、「うたがすき」を天使に届けてもらうんです。
Commented by coco-an at 2014-10-15 20:57
あそびっこさん、その絵本まだ知りません。
読んでみま〜す。
by coco-an | 2014-10-10 22:06 | イベント報告 | Trackback | Comments(4)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る