子ども支援

「子どもの身方でいたい」と言い続けてきました。
「子育て支援」という表現が好きではなく、意識的に「子育ち支援」などと言ってみたりするのは、子どもの視点を大切にしているつもりだったからです。
しかし、所詮口先だけのこと。
実際私にできることと言ったら、旗振りだけだったかしら・・・。
現実というものが、まだまだ見えていないなあ〜。
近頃の私は、年末だからか?懺悔することばかりです。

子どもセンター(2007年3月末まで市民図書館内で運営していました)のことを思い出します。
週3日の開館時間なら誰でも利用可能、絵本やアナログゲーム、まりつきのボールや積み木も置いていましたね。
絵本やわらべうたを赤ちゃん向けに始めたのもここが最初でした。
子どもセンター時代からつき合ってきた子どもたちは今、小学4,5年生。
親子、セットでのお付き合いが続いています。
一方、子どもだけでセンターに来ていたお子さんたちとは、その後会う機会はありません。
お昼用にお金を持たされている子どもが珍しくありませんでした。
こどもですからお金は、食事以外のものに使ってしまいますね。
そう、あそこで感じていた「子どもの生きづらさ」「子育ち環境の格差」を、
今、全く感じることができない。
そのことに愕然としています。
あの時子どもセンターを根気よく維持し続けられたとしたら、助けを必要としている誰かの「居場所」になれたかもなあ。
今さらだけど、あの場所でやっていたことは、子どもに直接働きかけることのできる事業でした。
「子どもセンター」をやろうと思ったのには願い続けてきた一つの思いがあったからでした。
「子どものための情報紙をつくりたい」という思い。
子どもが読む、子どものための、子どもにとって何かしらの助けになる読み物をつくりたい、という漠然とした夢。
その夢が文科省の補助事業を使って実現できそうだと分かり、飛びついたのが事のはじまりでした。
振り返ってみると、やはり夢のような事業でしたね、市内の子ども全員に届く情報紙がつくれたのですから。

昨日、ここあん土曜日文庫では、パワー全開でわらべうたや絵本を楽しむ子どもたちの姿がありました。
「遊びたい!」「お腹空いた〜」・・・、集まった子どもの数だけ、その時々の気持ちが言葉になってあふれ出るからすごく賑やか。
子どものその声に親たちは振り回されつつ、程よくたしなめて事をおさめています。
「え、やだ〜」「ねえ、もう一回だけ〜」・・・親子の攻防戦を眺めつつ思いました。
言いたいことを自由に表現できる幸せ。
その当たり前のことを我慢して押し殺して暮らしている子どもが、この町にもいるかも知れないね。
そしてまた、ひもじさ、さびしさを感じながら暮らしている子どもが、すぐ近くにいるかも知れないね。

子どもに直接働きかけられる「子ども支援」、どうやったらできるかなあ。




[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/21407413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろみ at 2015-01-06 13:54 x
「子ども支援」って言い方変ですよね!私も同感です。
生きづらさを抱えた子どもたちは何も言えず、たくさんいるのではないかと思います。
私は、そういう子どもたちとただいっしょに過ごし、いつも見守っているよ、というメッセージを送ることができればいいと思っています。
富士市で誰でも遊びに来られる遊び場を開催している渡部夫妻の話を聴き、よりそう感じました。FBで友達なので検索してみてくださいね。
やはり、子どもは子ども同士遊ぶ中で、それを何も言わずに見守ってくれる大人の存在がある中でないと、安心して心を開きません。渡部夫妻も佐々木正美先生の元でいろいろ学び、さりげなく寄り添う方法をすごく勉強しておられます。
自由に遊ぶことができる空間を作りたい!という野望だけは忘れず、今の自分にできることから始めて行こうと思います。
劇場がその受け皿になれるといいな~と思いつつ。
Commented by coco-an at 2015-01-06 15:43
ひろみさん、コメントありがとう。
子どもの居場所が必要だな〜って思っています。
場所にはもちろん人が必要。
いろんな人がいろんな形で、そういう場所を開いたら良いと思うんです。

息子たちがまだ小中学生の頃、わが家はある意味子どもたちの「居場所」だったかもしれないなあ〜と、振り返ってみて思います。
毎日、遊びに来る子たちを時にうっとおしく思ったりもしたけれど、何かの役には立っていたかも知れませんね。
今、あの子たちはどうしているかなあ〜、皆、社会人になっていることでしょう。

劇場も、まだまだできること、やれることがありそうですね。
応援しま〜す。
by coco-an | 2014-12-21 10:34 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る