ナイショの時間

メディアの講座などで「ご飯は誰かと一緒に食べるから美味しいでしょう〜」などと、子どもとの食卓を楽しむようにとすすめるのが常ではあるが。
ここあんで一人、密かに食するのは私のちょっとした遊びみたいなもので、
プチ一人暮らし的な気分を堪能できる大事な時間になっている。

さて今日は、げきじょうさんのバザーででゲットした「玄米餅」をふたつ。
水を張った小さな器に並べてレンジで数分、とろ〜りぐにゃりとなったところをそっとひきあげ、きな粉でいただく。
プチプチ、もちもち・・・。
だ〜れもいない開放感を味わいつつのひとときは格別。

家ではない、別の居場所があるって、贅沢〜。
ああ〜、ここあんがあって良かった〜。

さあて、ナイショの時間はこのくらいにして、
午後のわらべうた”あぶぶ”の準備を始めるとしましょうか。
[PR]
by coco-an | 2015-02-13 13:32 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/21554090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。