涙ぽろぽろ

さねとうあきらの「ベッカンコおに」(ゆきこんこん物語 第3話)を読む。
ひとり、誰に聞かせるわけではないが、声に出して読んでみた。

こんなに胸に迫るおはなしだったかと、ドキドキしながら読み進める。
後半にさしかかると、時折呼吸を整えないことには、とても先に進めない。
終盤、文字を淡々と拾い読むことだけに専念しようと思うけれど、口元がゆがんで言葉にならない。
どうにかこうにか読み終えるが、じいーん、ポロポロポロリ・・・しばし涙がとまらない。

昨日のビナードさんの言葉が思い出される。
「物語そのものがレンズになりうる」
この「レンズ」って表現を正しく伝えるのは難しいが、
「ベッカンコおに」は、誰にとっても新たなレンズになりうると確信した。

いつか土曜日文庫で読んでみたいなあ。
ただし、泣かないで読めるように訓練が必要。
[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/22883451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by coco-an | 2016-02-15 15:54 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an