「考える」より「感じる」を

この頃「瞑想」に注目が集まっているらしい。
IT関連企業など、始業前に取り入れて効果を実感しているとも。
へえ〜。
先日友人が体験して「気持ちよかった」とか「すっきりした」と言うのを、今ひとつ理解理解できずにいたのだけど、深夜のテレビ(サイエンスZEROだっけ?)でとりあげられているのを観て、なるほどと思った。
瞑想という行為は、眠るのではなく「覚醒」なのだって。
脳科学でも注目されていて、「瞑想」が脳そのものに変化をもたらすこと、遺伝子にまで働きかけること、等々科学的な研究も進んでいるとか。
宗教や思想的なものを取り去り、セルフケアーのひとつとして取り入れるのはありかなあ〜っていたく感心した。
「雑念」だらけの頭の中をすっきりさせれば、毎日がもっと気持ちよく過ごせそう。
「瞑想」することにより「考える」ではなく「感じる」時間をつくること。
私たちに最も必要なことだね。

「感じる」からだを取り戻そう。


[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/23465347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by coco-an | 2016-09-04 09:15 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an