偏見

知らぬ間におかしな物さしが身についてしまう。
嫌なことだけど、そう言う事ってあるんだ。
無意識に人やものを色眼鏡で見てしまうようなこととかさ。

「粉茶なんて、美味しくないよね」(偏見)
d0131255_08141761.jpg
あら、美味しい〜emoticon-0162-coffee.gif(確信)
実体験によって私の偏見は覆された。

人との関係も知る(関わる)ことでしか本当の理解は出来ない。
子どもの、ありのままを受け入れよう。
いつもそう心がけるし、そうありたいと言い続けている。
けれどそれは容易くはない。

自閉症の青年を取り上げたかつてのNHKの番組。
「人の視線が怖い、刺すような眼差しが怖い」
青年の言葉にドキリとした。
どんなに取り繕っても、瞳は語るのだろう。
さて、私は彼の前に立てるかな。
数年経って新たな番組の中の彼の言葉。
「人はどんな困難な状況の中でも幸せを見つけることができる、そう思います。」
なんて素晴らしいんだろう。
本当の困難を知っているからこそ言える言葉に勇気をもらう。

私の中には種々雑多な偏見がうようよしているに違いない。
そのひとつ、ひとつにまずは気づくこと、できれば打ち消すこと、そして増やさぬようにしていきたいね。




[PR]
by coco-an | 2016-12-12 08:30 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/23704582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。