暮らしを引き継ぐ

新年あけましておめでとうございます。
今年初めのお日様が昇るのを家の窓から眺めました。
美しい黄金色の朝が広がっていきました。
日本中の様々な場所でこのご来光を見つめる人たちがいるのだろうなと、そう思うと人々の歓声がすぐそこで聞こえるようでした。
きっとよい一年になりますね。

お雑煮にかもじのりを添えて、一年ぶりの味にしみじみします。
「ああ、おいしい〜」
元旦もお仕事に出かける人たち(今年は2名)を送り出し、まずはブログでことはじめ。
d0131255_10142169.jpg
今年は長年仕舞い込んでいた羽子板を飾ってみました。
私が生まれてはじめて迎えたお正月にお祝いとしていただいた品だと思います。
ですから50年以上前のものですね。
子どもの頃、大人の目を盗んでこれで羽根つきをしたものです。
もちろん見つかる度に叱られたのは言うまでもありません。
d0131255_10142509.jpg
今年は孫が生まれるので、羽子板と破魔弓、両方を飾ってお腹の中のベイビーたちに歓迎の意を表してみました。

親にしてもらったように、できるだけ次の世代に同じようにしてやれたらいいなあ。
特にお正月には引き継いでいきたい暮らしの豊かさが沢山あるもの。
それぞれの家庭のお節やお雑煮、お正月遊び、初詣・・・。
次の世代の人たちにしっかりバトンを渡せるように、今が踏ん張り時かしら。

♪羽根や 羽子板 いらねども
 江戸の とっつあんに あいたいわいな
 ほーけきょ けきょ けきょ けきょ

(鳥取のわらべうた)

[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/23753893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サンデーKU at 2017-01-01 19:41 x
明けましておめでとうございます。

50年前の羽子板と破魔弓の飾りに、ばあちゃん候補のソワソワ感が伝わってきます。 

「親と同じことをする(出来る)って嬉しいもんだなぁ」とこの年になって改めて感じます。かといってあまり踏ん張って力むことではないと思うんだけど・・・・自ずと・・・。

正月三ケ日いい天気。きっといい年です。
Commented by coco-an at 2017-01-02 09:39
KUさん、ソワソワ感を見抜かれましたね。
若い人たちは全く意に介してないみたいでしたが、それで良いんです。ばあちゃん候補の自己満足ですから。
気負わず自然体で・・・と言い聞かせながらの一年になりそうです。
今年もよろしくお願い致します。
by coco-an | 2017-01-01 10:35 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る