「だんだん」

食事の準備や片付けをするたび、ばあちゃんは「すまん、すまん」とか「すんません」と言う。
家の中でも杖生活となり、「できること」は限られている。
危なっかしいけれど、やればできるってこともあるのだが、結果的に私の仕事が増えるから、どうしても「できること」を「やらせない」ことになる。
子どもと付き合うときと同じだな、と思う。
「すんません」と言われる度に、自分の都合で、出来ることをどんどん出来なくさせている罪悪感のようなものをと感じる。
まるで「私ってダメな母親だ」と自分を責める親の心境。
これが介護ストレスというものであろうか。

今朝もいつものように牛乳を温めて差し出す。
するとばあちゃんは「だんだん」と言った。
「え?」
不思議だけど、ちょっと嬉しい。

人の気持ちって言葉一つで変わるんだなあ。



[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/24055764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サンデーKU at 2017-04-06 21:00 x
"嫁"の嬉しさが伝わってきます(^-^)//""パチパチ
Commented by coco-an at 2017-04-07 07:36
KUさん
変わり栄えしない日常ですが、時折空が晴れるような瞬間があり、何とか暮らしていけるですね。
by coco-an | 2017-04-06 08:11 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る