言葉を失っていく人

携帯ショップでの出来事。
思わず注目してしまう私がおかしいのかも知れないが・・・。

30代の男性がひとり、お店に入ってきた。
店内を見渡す風もなく、まっすぐにディスプレイしてある携帯電話を手に取り試す彼。
新米店員が慌てて駆け寄る。
「今日はどういったご用件でご来店されましたでしょうか?」と尋ねる。
男性は店員を見ることなく、携帯の操作を続けつつ
「機種変」と一言。
店員はその男性の背後から更に問いかける。
男性客はとても体格がよく、店員はとても小柄、なのでお客のお尻に向かって話しかける風でアル。
「お求めの機種等、すでにお決まりでしたらお伺いしてもよろしいですか?在庫の確認のみさせていただけたらと思いますので。」
男性はその間も店内を移動し、展示してある携帯電話を手にとって見ている。
店員はまるで金魚の糞の如く、男性の後ろを追いかけつつ話しかけている。
「最新の」
男性の一言に店員は
「あ、でしたらこちらですね。」と最新モデルをすすめる。
最新モデルを手に取り、チェックし始める男性。
「では、ひとまずアンケートにお答えいただいて、15分くらいお時間いただくと思いますが、その後にお手続きさせていただきます。」
男性の横からアンケート用紙を差し出し、記入を促す。
さらに、アンケート用紙を受け取る男性客に向かい
「よろしければ、あちらの席の方でご記入下さい。」と背後から手をヒラヒラさせる店員。
男性客は黙って椅子へと向かい腰を下ろした。
その間、この二人が向き合うことは一度も無く、男性の放った言葉は、「機種変」「最新の」のふたつ。

映画やドラマのシーンのようだ。
そう思いつつ、「それでいいの?」という気持ちがむくむくしはじめる。
これから先、会話というものが、成り立たない時代になっていくのではないか。
対面コミュニケーションを必要としない人がすでに生まれつつあるのでは?
最終的には言葉さえ失って、それでもスマホを介して意思の疎通が出来る、そんな人々が増えていくのかも、と恐ろしくなった。

男性客が、ただの恥ずかしがり屋であればいいのだが・・・。







[PR]
トラックバックURL : http://cocoraku.exblog.jp/tb/24125728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サンデーKU at 2017-04-28 15:49 x
新ばあちゃん誕生。
「おめでとうこざいま~す \(^o^)/」

三日間留守にしてたので遅まきながら。
Commented by coco-an at 2017-04-30 07:31
KUさん、ありがとうございます。
赤ちゃんにようやく名前もついて、そろそろうちに帰ってきます。
新パパ新ママが頑張っているので、まずは二人をしっかり支えてあげることからです。
つい出しゃばりそうになるのを自制するのが新おばあちゃんに与えられた最初の課題です。
by coco-an | 2017-04-27 08:49 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an