カテゴリ:イベント報告( 265 )

何だか急に暑くなりました。
ここあんの裏庭の窓を開けるとぬる〜い風が入ってきました。

節句が近いので♪よもぎしょうぶ♪のまねごとをしてみました。
d0131255_14465764.jpg
よもぎは裏庭や路地にたっぷりありますが、菖蒲は・・・なし。
わらびの伸びたのや、小判草などを採ってきて、好きなように束ねます。
d0131255_14470873.jpg
♪よもぎ しょうぶの しりたたき〜♪と歌って歩きながら、これでお尻をポンポンします。
菖蒲でポンポンしたら、勝負強くなるかも〜。

午後、窓を開けて仕事をしていたら、ウグイスの鳴き声がきこえてきました。
面白いことに、ちょうど聴いていたCD(バンジョー)とまるで競演するような素晴らしい鳴き声。
そう言えばバンジョーの高音の音色はどことなく鳥の鳴き声と通じるものがありますね。
しばらくその協演に聞き惚れてしまいました。




[PR]
第2金曜日の”あぶぶ”が終わりました。
今回のおやつは・・・オートミールと米粉のバナナケーキ113.png
d0131255_09330374.jpg
(ミオファティリティークリニック栄養管理部(厨房)からお届け頂いています。)
お母さんたち、「美味しい〜♪」を連発。
美味しいものを頂くとき、みんな笑顔になりますね。
この笑顔を今度はご家族で再現できるよう、ちゃんとレシピも添えられています。
ぜひ、まねっこしてつくってみて下さいね。

第2金曜日は、午後の部もあります。
午前の部は、米子方面からの参加者さんが多いですが、午後の部はほぼ境港市内の方です。
わらべうたが終わり、おやつを食べ終えたのち、木のおもちゃでたっぷり遊んで帰られます。
お子さんの成長と共に、お子さん同士の関わり方も変化してきますね。
1歳を過ぎ、1歳半ともなると自分と他者の関係を意識し始めるようです。
遊びにも集中でき、「できた・わかった」という喜びが次への意欲に繋がるのだなあとお子さんたちを見ながら教えられます。
小さいながらも自分の考え(意思)があるのです。
言葉はまだ出なくても、その意思を感じられるとき、その代弁者になれたらいいなあと思いながら見守らせてもらいます。
この時期のお子さんに無理強いは禁物。
機嫌を損ねるとややこしくなるので、意思を尊重しつつも上手に大人の考えに誘導する技を繰り出すのがみそです。
お子さんたちは大人の行動をよく見ていますし、話していることもよく聴いています。
大人が思っている以上に、物事を理解しているのだと思います。
わらべうた遊びも、やってもらうという立場から、自分なりにやってみたいという風に変わり始める時期ですが、興味の対象が違うところにいってしまうことも多いです。
そんな時もお母さんが楽しそうにわらべうた遊びをしていれば、じきにまた戻ってきます。
お子さんたちの興味関心がわらべうたや絵本に引き寄せられるよう、私も無理のない範囲で努力したいと思います。


[PR]
今月の”あぶぶ・とことこ”、計5回全て終了しました。
最終回は、2歳児以上の”とことこ”火曜日コース。
境港滞在最終日の知恵さんも荷造りの合間を縫って参加してくれました。
d0131255_09095159.jpg
今月、とことこでは「たんぽぽ」をつくって遊びました。
♪たんぽぽ ぽぽん たのなかで
 ぽぽん ぽぽん とんでいる
 あんまり たんまり とっちゃなし
 あんまり たんまり とっちゃなし
 たんぽぽ たんぽぽ むこうやまへ とんでけ

知恵さんには、♪ちょうちょかんこ を教えてもらいました。
来月のわらべうたでおさらいしましょうね。

今、たんぽぽがあちらこちらに咲いています。
お花が咲いたあとには・・・169.png
おうたを歌って、白いふわふわのわたげをふう〜っと飛ばして遊ぶのが楽しみです。

わらべうたの会、5月の予定は次の通り。
あぶぶ(0歳〜2歳未満のお子さんと保護者対象)
5月12日(金)
午前10時半〜 受け入れ可能です
午後 1時半〜 受け入れ可能です
5月16日(火)
午前10時半〜 定員に達しました

とことこ(2歳以上のお子さんと保護者対象)
5月19日(金)
午前10時半〜 受け入れ可能です
5月23日(火)
午前10時半〜 受け入れ可能です

※ 参加費は各回親子一組500円(+ここあん協力金)
※ 参加はできる限り継続的にお願いします
お申込・お問合せは、ここあん(0859−44−8607)までお願いします。



[PR]
4月15日(土)10時半〜12時
参加者 大人9名 小学生 3名 乳幼児 6名
d0131255_08304997.jpg
いつのまにか大きくなった小学生、こうして二人の背中をみるとホントにおっきくなったなあ〜としみじみしちゃう。
2年生から3年生になった二人。
2年生の時は普通にわらべうたをやっていたけど、3年生になったら、知らん顔しておすまし。
へえ〜、そうなんだ。
でも、ちゃんと来てくれて、赤ちゃん絵本だって、ほらこんなにしっかり見ています。
いよいよ手強いお年頃に突入ね、と少し気構えてみたが、アナログゲームで盛り上がる姿はいつもの二人でした。
d0131255_08304485.jpg
スペシャルゲスト、知恵さんの「♪ひみつだもん」に興味津々のみなみな。
d0131255_08305524.jpg
出てきたのは、ふわふわ漂うちょうちょでした。

[プログラム]
♪おてぶし
 めのまどあけろ
 ろうそくぱっ!
絵本 
♪つくしはつんつん
♪ずくぼんじょ
♪ちょうちょかんこ
♪たけのこめだした



ろうそく ふっ!
♪さよならあんころもち

ゆきつぼさんも参加して下さって、大賑わいの土曜日文庫となりました。



[PR]
新年度、最初のわらべうたの会”あぶぶ”が終わりました。
第2金曜日コースは午前・午後共に人数少なめでゆったりと遊びました。
(引き続き、参加者募集中です)
d0131255_18124768.jpg
おやつは、イチゴのぷるぷるゼリーでした。
今月も美味しすぎて、ママの「はい、おしまい」の言葉で泣き崩れちゃうおちびさん続出。
いちごの甘い香りが広がる中、おやつを巡る親子の攻防戦が繰り広げられていました。

みんないつの間にか、自由に動き回れるようになり、わらべうたや絵本の最中うろうろとするのですが、肝心なところになるとお膝に戻ってくるあたり、なかなか心得ているな、と感心します。
全くもって自由な人たちですから、その自由さを邪魔しないように、それでも意識をこちらへ向けさせるようそっと誘いかけてみるのです。
その誘いにのってくれればしめたものですが、強引なのは嫌われます。
小さな人たちと駆け引きしつつ、わらべうたと絵本の時間を誰もが笑顔で終われるよう、毎回真剣勝負です。
今回も、わらべうたや絵本の力を借りて、自由な人たちと何とか渡り合いました。

さて、次の火曜日はちょっと人数多めの”あぶぶ”です。
どんな”あぶぶ”になるかしら?
同じ歌、同じ絵本を用いても、同じようにはなりません。
お子さんたちとの一瞬、一瞬を大切に過ごしたいと思います。





[PR]
昨日は、境港親と子どもの劇場さんの「わらべうたで遊ぼう」番外編「ちえさんとわらべうたで遊ぼう」に参加してきました。
d0131255_07370190.jpg
ちえさんと「ずくぼんじょ」に釘付けのおちびちゃん。
d0131255_07365701.jpg
たんぽぽに大興奮の小さな人たち。
d0131255_07370573.jpg
こちらでは、「はじめまして」の交信中。(行進しつつ・・・)

境港親と子どもの劇場では、おひざ会員さんむけに毎月1回わらべうたの会を開いています。
こんな↓懐かしいレポートを見つけました。
参加者いっぱい!そしてなんと、かつての私が。

こちらは、同じ子育て王国サイトの最近の私。ビフォー・アフター、どうですか?





[PR]
昨日は「おむつなし育児の会」でした。

会の中で、イヤイヤ期をどう乗り越えるか、という相談がありました。
おむつなし育児にとりくむなかで、誰もが必ず経験することです。
ハイハイが出来るようになる頃から、おまるを嫌がったり、ささげるのを嫌がるようになります。
イヤイヤ期まっただ中の方は、一体どうしたらいいのかと悩むのですが、経験者の皆さんはと言うと・・・
「ああ、そういうときもあったけど、そのうち落ち着くから」と至って冷静。
悩んでいる最中は「いつまで続くのか」と益々悩みを深めてしまいがちだけど、過ぎ去ってしまうと、どうしてあんなに悩んでいたのかと自分でも不思議に思えてしまうってこと、良くありますよね。

今まで通りが上手くいかなくなったとき、それはお子さんが成長している証でもあるのです。
ですから、「おっ!そうきましたか」と大きく構えてしばらく様子をみることです。
子育てというのは、自分の思うとおりにはいかないもの。
「どうして?」と悩む必要はありません。
「では、これでどうだ」と新たな一手を繰り出してみたり、
「まあ、こんなときもあるさ」と気持ちを切り替えたり、
しばし、小休止するときがあっていいのです。

どんなこともほどほどに。
完璧を目指す必要などありません。

たかがオムツ。
されど、オムツ。
オムツを通じて色々なことが見えてきます。

おむつなし育児に集まってくるお母さんたちのゆったりとした雰囲気が何とも言えず私は好きです。


[PR]
3月のとことこで読んだ本をそのまま土曜日文庫でも読みました。

これは2016年の月刊絵本年少版で私のお気に入りの一冊。
わらべうた♪とおげのさかみち、や♪はやしのなかから、とよく似ています。
なので、節をつけて歌いながらページをめくります。
とことこ年令のお子さんはもちろん、小学生も楽しんでくれます。

そして、ここあんを卒業していくお子さんとお母さんに向けて伝えておきたかった一冊。
それぞれの春に向けて、そっと背中を押すような、そんな時間になれたら良いなと思いながらの絵本タイム。
とことこと土曜日文庫と、どちらも私の方がみんなからパワーをもらい、新たな春に向かって飛びだして行けそうな気がしたよ。
ワイワイカーニバルの子どもフリマのすぐそばで、楽しい時間を共有してくれた皆さんに感謝します。

その他に読んだ本とわらべうたは・・・
「おおきくなるっていうことは」
「パパがサーカスについていっちゃった」
♪うぐいすのたにわたり
♪ひとりでさみし
♪ずくぼんじょ




[PR]
第2金曜日コースのわらべうたの会”あぶぶ”を開催しました。
2月は大雪警報によりお休みしましたので「久し振り〜」と挨拶を交わしました。
双子ちゃんがしっかりとした足取りで、お母さんと一緒に歩いてやって来たのにはびっくり。
前回お会いした時は独り立ちしたばかりだったような・・・。
お子さんの成長の早さにはいつも驚かされます。

今月のおやつは「米粉のスノーボール」
d0131255_20500634.jpg
美味しすぎて、付き添いのお兄ちゃんがお母さんの分を欲しがって泣くほどでした。
レシピもあることですから、みおごはんさんの真似をして、お家でつくってもらってね〜。

社会復帰したばかりの私にとって、午前午後2クラスのわらべうたはちょっぴりハードでしたが、元気なお子さんたちからエネルギーをもらいましたし、今回でここあんを卒業していく人たちとお別れの時間を過ごすことができ嬉しかったです。
残念だったのは、今月の歌「ひとりでさみし」を歌うのに息が切れたこと。
次回までにしっかり歌いきれるように頑張らなきゃ!


[PR]
2歳未満のわらべうたの会”あぶぶ”。
今月は第2金曜日のクラス(午前・午後)を大雪警報により中止したので第3火曜日の昨日だけの開催となりました。
お休みも二組あったけれど、9組の親子が参加。
先月のおさらいとお豆にちなんだわらべうた、少し気の早い春のわらべうたなど歌いました。
ああ〜、やっぱり楽しい〜♪

4月から保育園入園予定の方もあり、そろそろ別れが寂しい季節です。

そして、こともあろうか、おやつの写真を取り忘れました008.gif
すっかりきれいに食べ尽くしてしまったので、もうどうにもならない〜。

みおごはん↑さんから届いた今月のおやつは「すはま」
d0131255_07450400.jpg
(こんな感じ。よそからひっぱってきた画像です。みおさんのはきなこまみれでした。)

おいしいおやつ、ありがとう。

参加者のみなさん、楽しい時間、ありがとう。


[PR]