カテゴリ:イベント報告( 274 )

「古本市」お礼と報告と

4月24日に開催しました「ここあん古本市」には、古本・木のおもちゃのご提供並びにご購入など、東日本大震災の津波遺児への支援の主旨にご賛同いただき多大なるご協力を頂き、誠にありがとうございました。
お陰さまで、KU水彩画展ミニカフェ収入と合わせ、103.710円の募金を「あしなが育英会津波遺児募金」に託すことができました。
昨日、無事送金致しましたのでご報告致します。
尚、少しばかり残っている古本や積み木につきましては、引き続きここあんにて販売し、次の募金に蓄える予定です。
少し大きなお子さん向けの読み物やコミック、大人向け絵本などが残っています。しばらくの間、ここあん奥の板の間にスペースを設けておりますので、ご購入いただけますと喜びます。

今回、古本市を開いてみて、確かな需要があることを実感致しました。ここあん利用者が求めるのは、絵本・児童書・育児書に限られますが、上手に集めて次に手渡すという良い循環のモデルをつくれると面白いだろうと思います。
もちろん、震災被災地への支援という目的があってこそですが、今後も、無理のない範囲で、モノを循環させていくことを試し続けてみたいと考えています。
今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
[PR]
by coco-an | 2011-05-03 09:04 | イベント報告 | Trackback | Comments(2)

お礼

昨日の「ここあん古本市」。おかげさまで、ご寄付いただいた絵本や児童書、積み木など、一部を残しほぼ完売致しました。
オープン前から並んでいただいた皆さま、午後の品薄になってからお出かけいただいた皆さま、お一人お一人に心よりお礼申し上げます。
売り上げにつきましては、先日のミニカフェの収益と合わせて、あしなが育英会へ全額寄附予定です。金額が確定しましたらまたご報告致します。
残っている大人向けの本、絵本少々、その他についてはここあんの奥の部屋(庭側)にしばらく置き、引き続き販売致します。

私が目をつけていたレトロ感漂う積み木セットも売れてしまいました。「大切に使わせてもらいます」って言って下さった購入者Iさんに、娘を嫁に出す親の心境で「お願いします」ってお渡ししました。
ここあんで古本市ができたこと、とても良かったと思います。本や積み木を提供して下さった方、購入して下さる方、どちらもよく知っている方達ばかりです。なので、以前の持ち主方から、次の持ち主へと、絵本や積み木を、その役割の果たせる所へ繋いであげられたような、そんな気がして。
もちろん、被災地支援という目的があってできたことだけれど、そういう目的がたとえなくっても、モノを動かす、循環させることは「新たな物語」を生むんだな〜って、そんなことを感じました。

ここあんに絵本や児童書、つみきをご提供いただいた皆さん、ありがとうございました。
そして、ご購入いただいた皆さん、ありがとうございました。

そしてそして、
準備から片付けまで、楽しんで付き合ってくれた、アトリエABさん、みかんさん、Nちゃん、ブログを通じて応援して下さった皆さま、本当にありがとう。
[PR]
by coco-an | 2011-04-25 08:33 | イベント報告 | Trackback | Comments(2)
1日から始まった「KUさんの境水道ぼちぼち水彩画展」及び古本回収は、本日が最終日となりました。
ほとんど宣伝らしいものをしていなかったのですが、毎日丁度良い来場者。
KUさんの水彩画を楽しんでいただき、みなさんとお喋りがはずんだこと、何より嬉しかった。
ここあんの常連さんたち、特に赤ちゃん連れのお母さんが水彩画をじっくり見て下さっている様子に、こういった企画も時には必要かなあ〜って気づかせてもらいました。
ここあんだからゆっくりみることができる。
お子さま連れはもとより、大人も同じようでした。
おかげさまで、ここあんの新たな可能性を発見できました。

積み木や絵本、児童書、新しい品物の提供など、お寄せいただいた方々に心より感謝申し上げます。
私自身が欲しいものもたくさんあって、すぐに売れてしまわないようにお値段高めにしておこうかしら?などと、良くないことを考えたりしています。
今回は、古本及びミニカフェの収益金をあじなが育英会へ寄付することを決めていますが、被災地に直接絵本や児童書を届ける活動をしていらっしゃる方達の連絡先などが分かりましたので、今後は、こうした方達に絵本を託すことも考えています。
詳しいことはこちら→被災地に絵本を送ろう「みんな同じ空の下」をご覧下さい。
被災地の状況は変化し続けています。そうした中で、現地のスタッフさんたちに負担をかけることなく支援の手を差し伸べるのは容易いことではありません。
ですから、思いばかりが先走りしないようにと肝に銘じつつ、出来ることを考えていきたいものです。

いつも外遊びでお世話になるセレンのHさんが、先日から被災地支援のため上京されています。
被災地に入ることはせず、支援組織の東京事務所でボランティアをしているのだとか。支援者や物資、情報など、現地に届くあらゆるものを調整する仕事は重要。今、最も不足しているところでしょう。
彼女のフットワークの良さに敬意を表しつつ、健康に注意して元気に頑張って欲しいとエールを贈っているところです。

今日は良いお天気。桜ももうじき満開です。
ここあんもストーブの出番が少なくなりました。
イベント最終日。今日はどなたが来て下さるのでしょう。
楽しみな一日が始まります。
[PR]
by coco-an | 2011-04-10 08:51 | イベント報告 | Trackback | Comments(4)

4月の土曜日文庫

参加者:大人 5名 小学生2名 幼児と赤ちゃん 8名 計15名
プログラム:♪おてぶしてぶし
      ♪めのまどあけろ
      ♪ずくぼんじょ ずくぼんじょ
    絵本 「さくら」月刊かがくのとも
       「じゃがいもくんポテトくん」長谷川義史 作・絵
      ♪とおげのさかみち
    絵本 「あ〜ぶくたった」
       「タンタンのハンカチ」
       「うさぎとかめ」
       「だっこして」
      ♪さよならあんころもち

今月も二人の小学生が読み手になってくれました。
ふたりとも、聞く人のことを思いながら読み聞かせてくれます。
本当に楽しく、素晴らしい時間です。
小さなお子さんたちも、お兄さんの読み聞かせにはとても興味がわくらしく、静かにじっと聴いています。
「とおげのさかみち」や「あ〜ぶくたった」の余韻が文庫が終わった後も自然とわらべうた遊びが続きました。
「でんでらりゅうば・・・」
「いちにさん、しのにのご・・・」
「はないちもんめ」など、お母さんたちの子どもの頃の記憶をたどりつつのわらべうた。随分話が弾みました。
[PR]
by coco-an | 2011-04-09 14:40 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)

美味しい・嬉しい

古本やおもちゃをご提供下さった方に、感謝の気持ちを込めて「紋きり」をお渡ししています。
d0131255_8512999.jpg
ひょうたんが案外人気。
簡単な図案しかまだ切れない庵主です。けれど、そこは色合いでカバー。
(こうもりの目も、くりぬけぬままです)
d0131255_8533445.jpg裏はこんな風。
昨年末に倉敷に出かけた折につくった「ここあんのはんこ」。
やっとお披露目です。
お寄せいただいた絵本や児童書、積み木などを、これからぼちぼち手入れしていかねばなりません。
そして、誰かさんのお家でまた活躍できるようにと願っています。

こちらは、みおやさんのお弁当。
d0131255_8575870.jpg

ひと品ひと品、手をかけてつくられているものを頂くと心も身体もきれいになる感じ。
鈍感になりつつある味覚が見事に蘇ります。
美味しい!美味しい!ホントに美味しい!!
卵や乳製品を全く使わないスイーツの数々も大好評でした。
狭いここあんです。あんまり宣伝しなくて申し訳なかったなあ。
この美味しい・嬉しいを、いつも私たちだけで楽しんでしまって・・・、いけませんね。

KUさんの境水道ぼちぼち絵巻展&古本回収は10日まで(6日のみ休み)毎日午後2時〜5時まで開催しています。お抹茶などお楽しみ頂けるミニカフェも併設。どうぞ、お出かけ下さいませ。
[PR]
by coco-an | 2011-04-04 09:06 | イベント報告 | Trackback | Comments(2)

水彩画展初日

d0131255_2134724.jpg
KUさんの水彩画展はじまりました。
来場者はぼちぼち・・・、けれど皆さんじっくりしっかり見て下さる。
お話も弾んで楽しい初日となりました。
d0131255_2152877.jpg
お客様の途切れたところで今日の絵日記(ブログ用)の水彩画をさらさらと・・・。
描いておられるのは「あんず」です。完成したものはこちら→サンデーKUぼちぼち絵日記でご覧下さい。
午後の日差しを受けて、あんずは花がどんどん開いていきました。

さて、あすはどなたが来て下さるでしょうか。
ミニカフェの方も楽しみながらやっています。明日は桜餅でも用意してみましょう。
古本などの提供の方も、ぼちぼちです。
[PR]
by coco-an | 2011-04-01 21:12 | イベント報告 | Trackback | Comments(4)

春を探して「お外遊び」

4月1日〜10日まで「KUさんの水彩画展」開催します。開催時間は午後2時〜5時。(6日水曜日のみお休み)
開催期間中、カフェ(日替わりスイーツ)やります!古本(絵本・児童書・木のおもちゃ)の提供も受け付けています。


3月のお外遊び。
晴れのち曇り、最後には「雨」というお天気の中、抱っこの赤ちゃんから3才の元気!元気!のちびっ子さんまで七組の親子が参加して下さいました。
「春を見つけるんだよ」とビニール袋を手渡すと。
「はるってなに?」とちびちゃん。
「・・・。お花とか、いい匂いのするものとか、他になにがあるかなあ〜」
「つくしを見つけられるといいねえ〜」
風はちょっぴり冷たいけれど、子どもたちと歩く道には「春のいいもの」がいっぱい!!
セレンのHさんが道ばたの草や花について教えて下さるから嬉しい。
みんなの袋には次々に春の宝物が投入されます。ほとけのざやはこべらなど、春の七草も。
つくしも沢山生えていて、本物のつくしを手に♪ず〜くぼんじょ♪ずくぼんじょ♪とわらべうたを歌ったり。
さて、目的地の桜の丘と公園についてひとしきり遊んでいるとにわかに雲が広がりました。
「どうも怪しいよ、雨が降りそうだから帰りましょう。」
急ぎ足で帰る途中、ぽつりぽつりと雨が降り出し、最後にはきゃ〜きゃ〜言いながら走ってここあんへ掛け込みました。

今回は公園という目的地を決めて出かけた外遊びでしたが、目的地を決めないで子どもの好奇心の向くままに歩いてみることの方がここあん的には好みです。
目的を持つことである意味縛りが生まれてしまい、「そっちじゃないよ、こっち」と子どもの興味の対象とは違う方向に引っ張って行かなきゃならないとか、「急いで」とか、時間的なことも含め、どうしても大人が主導権を持つ感じになっちゃうから。
今、お子さんが集団生活に入る時期がどんどん早まる傾向にあります。それは仕方のないことでしょうが、仲間と一緒の楽しさを分かち合うことのできる年頃になる前に、子ども自身がそのお子さんだけの時間の流れの中でたっぷり遊びきることもまた必要な経験ではないかと私は思っています。
だから、参加しているみんなに無理に合わせる必要はなくて、何となく同じようなところにいるけれどそれぞれに見ているもの、感じているものは違っていたり、何よりお子さんの今今の心持ちに寄り添ってあげる時間にして欲しいと願っているのです。

子どもたちにあれを見せてあげたい、これもさせてみたいと私自身もつい欲張りになってしまうのですが、極力その気持ちを抑えて、目的を持たず、ただただ子どもに寄り添うということを意識していきたい。そのことを改めて思い返しているところです。
[PR]
by coco-an | 2011-03-30 09:15 | イベント報告 | Trackback | Comments(2)

3月のここあん文庫

本日のあぶぶで今月の「ここあん文庫」は全て終了しました。
東北関東太平洋沖地震・津波の起こった翌日に開催した土曜日文庫では、最後にろうそくを吹き消してお願いするところで、大災害から一人でも多くのかたが救出されますようにとみんなでお願いをしました。子どもたちはみな目を閉じ手を合わせ、一心にお願いしてくれました。
2,3歳児クラスのとことこは充実感溢れる良い会となりました。子どもたちの楽しい様子が嬉しくて、沈みがちな心に小さな明かりがともったようでした。
そして「あぶぶ」。毎回とても楽しいです。小さな人たちの様々な表情を見ているだけで幸せな気持ちになります。
MFC厨房からお届けのおやつは・・・。
d0131255_9415453.jpg
ただの大福ではありません。
中には甘酸っぱくて美味しいイチゴさんが入っています。
勿論あんこもね。
りんごジュースで甘みをつけた外の大福部分の柔らかで美味しいこと。
黒豆茶との相性もバッチリでした。
[PR]
by coco-an | 2011-03-25 17:30 | イベント報告 | Trackback | Comments(2)

手をつなごう

昨日のわらべうたの会”とことこ”は2〜3才のお子さんとお母さん五組と大人一人の参加。
いつも途中で離脱してしまう二歳児の元気男子(複数)も落ち着いて最後までしっかり参加できました。
人数が丁度良かったこと。三歳児さんが加わったこと。そしてみんなが成長したことが何よりの要因でしょう。
わらべうたの終盤に「ゆうりの木」で遊びました。
最初は親子で、次はお友達親子と、そして最後には参加者全員で輪になって「ゆうらりゆうらり・・・」と手を繋ぎあって遊びました。

 ゆうらり ゆうらり ゆうりのき
 かしげ かしげ かしのき
 もんで もんで もみのき
 ひらいて ひらいて ひいらぎ
 つぼめ つぼめ つばき
 くるんで くるんで くるみのき

くるんでくるみのき、で最後にみんなでハグすると、なんだかほっこり、心も身体もいい気持ち。
手をつなぐこと。そっと背中をなでること。そうしたことが何よりのお薬になる。

だから、さあ、みんな手をつなぎましょう。
[PR]
by coco-an | 2011-03-19 09:22 | イベント報告 | Trackback | Comments(2)
昨日のあぶぶ午後の部にお客様がありました。ココクリック!せとちとせさん親子(写真付き情報)あぶぶの皆さん解散前に一曲聴かせて下さいました。パワフルなお人柄が伝わる歌です。声も素敵。
先週の大震災発生以後、色々と悩まれた結果、自分の思いとともに皆さんの思いも被災地に届けることができる方法としてライブでの義援金募集を思いつかれたそうです。
私たちが彼女に託したお金は、全額被災地へ届けると約束して下さいました。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

ここあんでは、通常イベントの写真を撮らないので(庵主本人が一番楽しみたいから写真撮る余裕なくて・・・)毎度のことですが、実際の様子をお伝えできずご免なさい。
[PR]
by coco-an | 2011-03-16 08:41 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an