カテゴリ:イベント報告( 269 )

風邪が流行っているのでしょう。
お子さんばかりでなく、ママが体調崩しちゃうこともありますので、皆さんご注意下さいね。
と言うわけで、金曜の”とことこ”は女子3人のおだやかな時間となりました。
お土産の工作は、新しい年を前に小さな鈴の「お守り」を作りました。
(写真は次回アップします)
自由で元気な男子がいなくて何だか少し忘れ物をしたよう023.gifでした。
d0131255_09592443.jpg
そして昨日は土曜日文庫。
♪ひもろ ひもろ を歌ってキャンドルサービスをしました。
「来年はどんな年にしたいかな?」
「明るい年にしたい」006.gif
それぞれの願いを灯に込めて最後にそっと吹き消しました。
小学生女子のYちゃん、Nちゃんコンビは何でも可笑しいお年頃。
終始大笑いの二人につられてこちらも頬が緩みます。

あ、そうそう。
先日ここあんに絵描きさんの訪問がありました。
d0131255_09591239.jpg
サッサッ、スラスラ・・・と水彩画を瞬時に仕上げるKUさん。
人生の有り難い先輩012.gifに、日々のあれこれを聴いて貰い元気が出ました。
ブログ仲間↓でもあります。
ここあんには、男性の訪問者もあるのですよ。
自由開放日以外でも、案外居たりしますので、どうぞお出かけ下さいね。





[PR]
12月のわらべうた♪あぶぶ、第2金曜日コース(午前・午後)が終わりました。
風邪がはやりはじめているようで、お休みが数組ありました。
わらべうたの後の絵本、やはりこの季節はこれです。
ふゆのき(こどものとも012)
街路樹の葉も落ちて、どんよりとした冬の空、冬の空気を感じるようになると読みたくなります。
そしてクリスマス用にはこれよね。
クリスマスのふしぎなはこ
AちゃんとMちゃんがかぶりつきで見ていたけど、読み終えると人差し指を立てて「もっかい!(もう一回)」とリクエスト。
この物語を、どんな風に理解しているのかしら?
幸せな瞬間を心待ちにする子どもの心情に共感しているように思えて、素敵だなあ〜って思ったよ。
d0131255_11592319.jpg
おやつのりんごケーキはもちろんこちらから→みおごはん(みおファティリティークリニック)
おやつの方は「もっかい(もう一回)」は無しです。

今後、第三火曜日のあぶぶを終えると、来年1月から3月までの予約受付開始となります。
参加希望者は、12月20日、午後よりお電話にてお申し込み下さい。

[PR]
2歳以上のお子さんとわらべうたを楽しむ”とことこ”。
♪おてぶし などを私に代わってやってくれます。
昨日も、小さい手の中にクルミ(野生種の小さいもの)を隠して、「こちらの人は大外れ」などと空っぽの方から開いてみせるなど、なかなかのものです。
d0131255_09452649.jpg
あそびっこさんのブログで見つけて、いつか真似しようと思っていたカメさんをやっと作りました。
かめくんのさんぽ (福音館 こどものとも)を読みながら、カメさんを動かしてみると、ぴったり006.gif
(目をつけたらもっとカメさんらしくなるかも?やってみてね)

先月からここあんに鎮座している「どてかぼちゃ」は、みんなして♪おらうちの〜どてかぼちゃ〜って撫でたり叩いたりしているので、ぴっかぴかになりました。

”とことこ”のみんなは、絵本が大好き。
しっかり見て、色んな事を発見して教えてくれます。
子どもたちの表情が面白くて、読んでいる私も一緒に楽しんでいます。





[PR]
毎月第3土曜日に開催している「土曜日文庫」。
わらべうたと絵本がメインだったはずだけど・・・015.gif
d0131255_07524367.jpg
d0131255_07523175.jpg
こっちの方がメイン?な感じになりつつある。
ま、それもいいか012.gif

赤ちゃんから小学生まで、幅広い年代のお子さんと保護者とで楽しむひととき。
異年齢交流の場にもなっています。
参加者 赤ちゃん 2名 幼児2名 小学生2名 大人5名

[11月の土曜日文庫 プログラム]
♪ おてぶし
♪ めのまどあけろ
♪ ろうそく パッ!
絵本 かあー かあー からすさん 福音館こどものとも012
♪ さっきないたからす
♪ いもにんじん
♪ ちんちろりん
絵本 14ひきのあきまつり 童心社
絵本 にたものどうし 福音館 かがくのとも
♪ ろうそく フッ!
♪ さよならあんころもち

「おてぶし、やってみたい人!」
「紙風船、ついてみたい人!」
珍しく手を挙げない幼稚園さんや小学生に混じって、小さな手が盛んにバンザイします。
どんな問いかけにも、元気よく「あ〜い」と応えてくれる0歳のMちゃんの可愛いこと。
どの絵本も、それぞれの年齢なりの見方、楽しみ方があるようですね。
参加者の年齢差があるとき、科学絵本は重宝します。
「にたものどうし」は今月の”とことこ”でも読んでいますが、気に入っています。

来月は12月17日(土)を予定しています。


[PR]
小春日和。
お散歩にはもってこい。
お昼のチャイム060.gifまで遊んじゃった〜。

むくろじ(せっけんの木)は実を見事に乾燥させつつも枝から当分落ちそうにない015.gif
カリンの木は葉を全て落とし、実もコロコロと落としているのにまた花が005.gif
暦の上では立冬なんですが、暖かい日があるからかしら?
d0131255_08002071.jpg
ほらほら、虫さん大発生中!いまからさなぎになるってことよねえ〜

穏やかな陽気で、時折やさしく吹く風に木の葉がハラリ、ハラリ、クルクル回りながら落ちてくる。
Fちゃんは落ち葉の上でその様子をじっと、ただじっと見ていました。
しばらくじっとその場に佇み、風が吹くのを待っているようなFちゃん、素敵だったなあ〜
この世に生まれて1年半。
Fちゃんは、この日初めて葉っぱが落ちるさまを目撃したのかも知れませんね。
それとも風の音や葉っぱの声を聴いていたのかな。

やっぱりお散歩楽しいです。


[PR]
ひと月ごとに、ぐんっ!と成長する小さな人たち
「あれ?たっちできるようになったんだね〜」

「さあ、おいで」
抱き上げると、ずっしり重くなっている赤ちゃんたち

「いや!」
自己主張をはじめるひとがいたり

用心深く瞳の奥を覗き込むあなたは・・・
人見知りが始まったんだね
d0131255_08214458.jpg

わらべうた遊びの後は、↑こちら、から届いた優しくて美味しいおやつでほっこり。
さて、明日はまた可愛い人たちに会えますね。

わらべうた”あぶぶ”(2歳未満のお子さんと保護者対象)は、第2金曜日(午前・午後)、第3火曜日(午前)に開催中。
予約制です。
来月空いているのは、第2金曜日午後の部のみです。
(午後の部は、時間を気にせずゆったり遊べるのでオススメですよ〜)


[PR]
伯州綿の座布団を作りました。
d0131255_17473227.jpg
使うのもったいない012.gif
布団を注文すれば3年待ちという日本一の職人さん直伝006.gifの有り難いワークショップに参加したお陰です。
d0131255_17471970.jpg
綿を広げて
d0131255_17472748.jpg
成形します
d0131255_17515563.jpg
座布団の形になったね(角がポイント)

大切に使います。


[PR]
d0131255_08102807.jpg
先月作り損ねた「とんぼ」、3歳ともなると、モールを器用に指先でねじったりもできるんだね。
きんたろう文庫さんから求めた「いないいない人形」、ここあんでは♪べ〜ろ べ〜ろ か〜めろ♪で遊ぶのが人気。
新米の美味しい季節だから絵本「おにぎり」も欠かせません。
大きなかぼちゃは、♪いもにんじん♪の最後に登場する「とうなす」

「ねえ、とうさん」はこの秋、お気に入りの一冊。
だから、おやつはもちろん006.gif006.gif006.gif
d0131255_08103382.jpg
くまの子とおなじ「さんまい」016.gif
d0131255_08102243.jpg
Kちゃんがお土産にくれた「きれいな葉っぱ」
秋ですね〜

[PR]
新しい参加者を加え、今月もわらべうた”あぶぶ”終了しました。
先月からの「どんぐり月間」は続いていて、わらべうたも絵本も♪どんぐりころちゃんで締めくくりました。
d0131255_16034255.jpg
今月のおやつは「芋羊羹」012.gif
お芋の美味しい季節ですものね。
美味しいおやつの提供は↓いつもありがとうございます。

美味しいおやつでゆっくりとしたひとときを過ごせました。

[PR]
10月の土曜日文庫
d0131255_11371808.jpg
先日、境港市のアートスタートで上演された作品のひとつ「ねえとうさん」を読みました。
幼稚園でこのお話を人形劇として観たYくんに「人形劇で観たお話だよ」と話すと、読み終えてから「人形劇で観てないおはなしだった」と言っていました。
確かにお芝居(人形劇)として脚色された部分もあるので子どもにとっては違うお話に思えたのかも知れません。
なるほどね、子どもが何をどう見ているのかを考えさせられる良い機会となりました。

実はこの絵本、ひと月ほど前に求めた絵本でした。
茂美先生の新しい本「絵本で出会った子どもたち」の中に紹介されていて、すぐに求めました。
ですから出会い方としては、茂美先生の文章→絵本→人形劇となったわけですが、きっと茂美先生の文章に出会わなければ気づけなかったこと、深く掘り下げて考えることもしなかったであろうことが情報として与えられたからこそ、絵本を、更には人形劇を楽しむことが出来たんでしょう。
絵本に込められた作者の思い(願い)、子どもへの眼差しをしっかりと心に留めて作品を楽しめたことは、私の中でとても大きな喜びにつながりました。

そしてまた、1冊の絵本を幾度も読み続ける中で様々な発見があることを改めて実感しました。
そうそう、お芝居も同じですね。
同じ作品を、幾度も見続けることでしか見つけられないものがあるのです。

絵本と人形劇、「ねえとうさん」は私のお気に入りリストに追加されました。


[PR]