涙が流れた。
猪苗代湖ズの『I love you & I need you ふくしま』
繰り返しみて、聴いてしまう。
日本人への応援歌。
[PR]
連休に入りました。
家の中を見回しますと、片付けなきゃいけないものが随分たまってますね。
窓を見ればほこりだらけ・・・・。
手抜き主婦さん、しっかりおやりなさい!!

とは言うものの・・・、私、本日休養宣言いたしました。
こたつ(今なお愛用中)と仲良くして一日過ごすのです。
昨日突如発熱して(今朝は下がっています)今も頭がぼ〜っとしています。
ばあちゃんいわく「けんびき熱だがな〜」。
「はい、しばらくお行儀良く過ごします。」

どうやらこのところ免疫力が落ちているようね。
しっかり食べて、早く元気になろう!
[PR]
”あぶぶ”や”とことこ”で、子どもたちとわらべうたを楽しむ時、毎回同じじゃあつまらないだろうな〜と思う気持ちと、同じわらべうたを繰り返すことの大切さを思い、ちょいと悩む。
で結局、いつも繰り返し歌うわらべうたがいくつかあって、新しいもの、またはその季節にちなんだものを一つ入れるっていうのが定番になっているかな。
少し大きくなった子どもたちと楽しく遊べそうだな、と思うわらべうたも、”とことこ”でいきなり始めようとすると、あまり上手くいかない。
”あぶぶ”のちびちゃん時代は見ているだけでも、その見ているだけの時期を経て、”とことこ”の頃にすんなりできるようになるのだなあ〜と、そんなことにようやく気づいた。
繰り返すこと。
大人が子どもたちをどうこうしてやろうという欲を捨てて、ただただ繰り返し向き合うこと。
すると、やがて子どもは自らの意志で楽しもうとするようになるんだね。
[PR]
縁あって、石巻で地震・津波被害に遭われた木の屋石巻水産のSさんのお話を聴いた。
水没した中学校の3,4階で、多くの被災者と共に過ごされた被災直後から数日間の様子を丁寧にお話下さった。
こういった災害は、いつ、どこで起こるか分からない。だから、
・大切なモノ(クスリなど)は身体から離さないこと。
・避難場所を(家族・職場の仲間と)決めておくこと。
・情報に振り回されないこと。 
が大切と教えて下さった。

けれどSさんを見ていて感じたのは、災害時にどう生き抜くかってこと=今をどう生きているかってことだな〜って。
つまり、こうした非常時にこそ、その人の人間性が問われるってこと。

前向きで、責任感があり、人のことを思いやれる、Sさんのお人柄が、厳しい状況の中で如何に頼れる存在であったかが伺い知れたから。
だから、講演会の帰り道、とてもすがすがしい気持ちになっていた。私たちは毎日をまずしっかりと、ちゃんと生きるってことが何より大事なんだって、励まされるようだった。

さて、今日は被災地のがれきとヘドロの中から運び出された缶詰を食べよう。木の屋石巻水産をはじめ、被災地の復興を祈りつつ、被災する前に作られた「味」をしっかり味わうことにしよう。
[PR]
昨日の「ここあん古本市」。おかげさまで、ご寄付いただいた絵本や児童書、積み木など、一部を残しほぼ完売致しました。
オープン前から並んでいただいた皆さま、午後の品薄になってからお出かけいただいた皆さま、お一人お一人に心よりお礼申し上げます。
売り上げにつきましては、先日のミニカフェの収益と合わせて、あしなが育英会へ全額寄附予定です。金額が確定しましたらまたご報告致します。
残っている大人向けの本、絵本少々、その他についてはここあんの奥の部屋(庭側)にしばらく置き、引き続き販売致します。

私が目をつけていたレトロ感漂う積み木セットも売れてしまいました。「大切に使わせてもらいます」って言って下さった購入者Iさんに、娘を嫁に出す親の心境で「お願いします」ってお渡ししました。
ここあんで古本市ができたこと、とても良かったと思います。本や積み木を提供して下さった方、購入して下さる方、どちらもよく知っている方達ばかりです。なので、以前の持ち主方から、次の持ち主へと、絵本や積み木を、その役割の果たせる所へ繋いであげられたような、そんな気がして。
もちろん、被災地支援という目的があってできたことだけれど、そういう目的がたとえなくっても、モノを動かす、循環させることは「新たな物語」を生むんだな〜って、そんなことを感じました。

ここあんに絵本や児童書、つみきをご提供いただいた皆さん、ありがとうございました。
そして、ご購入いただいた皆さん、ありがとうございました。

そしてそして、
準備から片付けまで、楽しんで付き合ってくれた、アトリエABさん、みかんさん、Nちゃん、ブログを通じて応援して下さった皆さま、本当にありがとう。
[PR]
やっと準備ができました。古本市の様子をアップします。
d0131255_22212596.jpg
箱入りのつみ木たち。
リーズナブルな袋入りの積み木も別コーナーにございます。
d0131255_2223683.jpg
小さい人たち向けの絵本コーナー。
d0131255_2224105.jpg
小学生向けの読み物コーナー。怪傑ゾロリシリーズも勢揃い。分かりにくいかも知れませんが、壁に絵のようにかけてあるのは新品のパズルです。
d0131255_22263651.jpg
ハリーポッターはこちらにございます。ちょっと落ち着いた雰囲気でしょ。
d0131255_22273140.jpg
そしてそして、とっておきコーナーがこちら。お値段高め、又は売れたら困る(?)みたいな、絵本たちが大集合。

きれいに並べて「よしっ!!」と思わず声をあげる私です。
この他にも、大人がじっくり読めそうな本や名作児童書(子どもたちに必ず読んで欲しい)が多数ございます。
ぜひ是非、お出かけ下さいませ。

ここあん古本市は、24日(日)午前11時〜15時
[PR]
古本市の準備。
ほとんどアトリエABさんにお任せemoticon-0111-blush.gif状態・・・。
傷みの少ない、比較的新しい本が多いですね。
怪傑ゾロリシリーズやハリーポッターなど、充実しています。
中にはサイン入りの本(サインを残している人が謎なんだけど)や、「これ初版本じゃない!」っていう掘り出し物まであって、古本屋気分に浸りつつ値段をつけております。

さて、問題は・・・、お客様が来て下さるかどうかemoticon-0124-worried.gifです。

ここあん古本市。開催は今度の日曜、24日の午前11時〜午後3時です。
お財布と、マイバッグ持参でお出かけ下さい。
[PR]
時間が欲しい。
落ち着いて物事に取り組める余裕が欲しい。

できるかしら?
やるしかない!
[PR]
今なお不安な避難生活を続ける人たちに、何ができるのかって、みんな考えているんだ。
こんな活動→届け!「勇気ちゃん人形」もあるんだね。
こんな可愛らしいお人形が届いたら、心細い思いでいる子どもたちの気持ちを和らげることができるかも知れない。
小さな手に、そっと手渡される瞬間を想像してごらん。何だかホラ、ちょっと安心できるよね。
こざかなさんのブログに紹介されていました。)
[PR]
ブログの更新もままならぬ忙しさ。
古本市の準備は、アトリエABさんが密かにすすめてくれています。ありがたや、ありがたや。
d0131255_21505386.jpg積み木を拭いておひさまにあてているところ。
なんだか可愛らしい。
さまざまな形の積み木があるのね。
小分けしてラッピングし、販売します。
少し年代物の積み木もご提供いただきました。
代々使い込まれた、それも大切に使ってこられた積み木だって、分かる。
まっさらの、白木の積み木もいいけれど、木の色が飴色に変わっている年代物の積み木もいいよねえ。
d0131255_21565995.jpg
絵本や児童書、新しいものから古いものまで、さまざまに頂きました。
ほこりを払って拭き拭きするABさん、今度は値段つけをしてくれるようです。
それもこだわりの値札で。
古本に挟まれている値札の方もどうぞお楽しみにね。

これから、古本市に並ぶ絵本やおもちゃをちょいちょい紹介してみます。
[PR]