緊急のお知らせです。
明日、7月1日に予定されていたゲストデー「虫除けスプレー作り」はゲストの都合により延期とします。
変更日は7月19日(火)となります。
ゲストは来られませんが、ここあんは開いておりますよ〜。


近頃本棚から引っ張り出してきたのは河合隼雄先生の「こころの子育て〜誕生から思春期までの48章〜」
改めて読み直してみると、そうよそうよ!!って、私自身の共感モードにスイッチが入った。
Q&A方式の読みやすい本。河合先生の関西弁が所々に出てきて親しみやすさもあるしね。

Q9:いまの子育てで気になることといったら何でしょうか?
A:親としてのカンを磨くのをサボりすぎていることです。

ああ、よくぞ言って下さった。そうよ、そうそう!!全く同感!!
親としてのカンを磨くには、子どもと接する時間を多くして、子どもをよく見ているとだんだんと身についてくる。と河合先生はおっしゃっている。
「子どもを見る」そのことに尽きる、と私も思う。
子どもたちが叱られるとき、親たちは結果だけを見ていることが多い。
その行動に出る前の様子を見ていたら、子どもが何をしたかったのかが分かる。けれど、事が起きてから子どもを見るのではねえ、「どうしてこんなことするの!」って問いただされても、子どもは上手く説明できない。
カンの働く親であれば、「あらあら、大変なことになったね。ママがちゃんと見ていてあげなかったから悪かったね。」などと、責任を引き受けてくれるのだが。
子どもを見ていて理解できているからこそ、我が子が何をやりたかったのかを、たとえ見ていない場面であっても予測することができるのだろう。
今、子どもが何を求めているのか、何をして欲しいのか、何をやろうとしているのか。
それを、子どもの最も身近にいる親が理解してやらないでどうする。
こうしたカンを磨き続けておくことが、それこそ思春期の子どもとの向き合い方を助けてくれるんだよね。

さて、子どもの求めていることを理解する目(親としての)が育ったとして、それを叶えてあげるかどうか、そこはまた別の話でちとややこしい。
子どもの求めるまま、願うとおりにしてやればよい時期はおよそ1才位まで。その後は、良いこと悪いこと、出来ることできないことを繰り返し教えていく時期に入る。
この辺のことは、次回また。
[PR]
緊急のお知らせです。
明日、7月1日に予定されていたゲストデー「虫除けスプレー作り」はゲストの都合により延期とします。
変更日は7月19日(火)となります。

ゲストは来られませんが、ここあんは開いておりますよ〜。
[PR]
お座りができるようになると、とたんに膝抱っこをやめてしまうお母さん、割に多いのよね。
「まだまだお膝に乗せておいてあげて」と思う。
早く自立させようと思えば思うほど、子どもって離れていかないようよ。そんなに急いで大きくならなくたって良いのに、って思うとどんどん自立していっちゃう。
不思議だけど、そうなの。
わらべうたを歌うときもそう。
一人座りができるようになっても、大好きな人の膝の上、お尻や背中を伝わるお母さんの声とリズムをしっかり刻みつけてあげようね。
そうして、いつの日か、自分からお膝を離れていく時を、楽しみに待っていられればいいですね。
[PR]
なんという暑さだったでしょう。
昨日のここあんは、思わず誰もがタオラー(タオルを頭にしばる)になってしまうほどでした。
まだ6月だというのに・・・、夏が思いやられますね。

猛暑の中、連日講座のご依頼を受けており、ちょいとハードな週末となりました。
木曜午後、人生の大先輩方にここあんの話を聞いていただきました。
金曜夜、中学校の保護者向けメディア講座。
土曜日午前、乳幼児の保護者向けメディア講座。
みなさんの貴重な時間をいただくのです、心して向き合わせていただかねばと、いつも思います。
毎回、大切なことを伝えそびれたように思ったり、言葉足らずで伝えきれなかったんじゃないかしらと心配になったり、反省を繰り返すばかりですが、私自身は、さまざまな気づきや発見がその度ごとにあり、有り難く思うのです。
こうした修行の場を与えられるからこそ頑張れる。怠け者の私が学ぶことにどん欲になれるのは、そのお陰ですしょうね。
しかし、ちょいとひと休み。
しばし「からっぽの時間」を過ごしてリフレッシュしなくちゃね。
[PR]
庵主さんったら、また記録取り忘れ、ダメですね〜。
昨日は、「豆乳わらびもち作り教室」だったというのに・・・。
「うんうん、ふむふむ・・・へ〜っ、そうなのね、なるほど、なるほど・・・。」001.gifって、誰よりも感心してミオクリニックの栄養士さんの話に聞きほれてた庵主さん。
写真の061.gifひとつでも撮りなさいよ!!
まあ、仕方ありませんね、いつものことですから。

豆乳わらびもち、美味しそうでした。そして作り方は意外と簡単。
市販のわらび粉と豆乳で作りますが、通常のレシピではあのぷるぷるぷにゅぴにゅ感はでないのですって。
参加者は、みおごはん直伝、とっておきのレシピを教わってしまったのですよ〜。
ふふふ。
そのうち、ここあんのイベントで庵主さんがつくってくれることでしょう。
楽しみね。

栄養士、ダブルTさん、お世話になりました040.gif

おとけいでした。
[PR]
思春期の人たちとどう向き合ったらいいか。
ひとりひとり育ってきた環境も違うだろうから「こうすればいい」って正解はないよね、きっと。
中学生の親さんたちに話しをすることになっているので、あの年頃の子どものことをあれこれ思う。

私はどんなだったかと思い起こしてみる。
お母さんのことを「あの人」などと呼んだり、随分批判的な見方をしていたように思う。
自意識過剰なお年頃。
学校からの帰り道、曲がり角での友達との立ち話はエンドレス。
時折母に見つかって「みっともない」と言われても話は尽きない。毎日会ってて、すぐまた会う約束してたりするのに、今思えば、よく話すことがあったよねえ。
仲間意識が猛烈に強く、抜け駆け厳禁、掟破りは生死に関わる位の一大事。
夢見る夢子。空想は果てしなく広がって、悲劇のヒロインになったかと思えば、たちまち至福のお姫さんになることも。
13歳。
私が私を過剰に意識しはじめたのは、13歳だったと記憶している。
秘密を持ち始めたのもこの頃。
最も、親にはたいていのことは見抜かれていたかも知れないけれど。
大切な友達と出会ったのもこの頃。
密度の濃い、友達関係。
大人になってから、会うことはなくなってしまったけど、思春期の頃の私にとって一番大切な女友達。
二人だけで、こっそり交換日記したりしてたの。あれ、どうしたかなあ。大きなスケッチブックを使っていたっけ。
二人で詩集をつくって発行したりもした。あの頃コピーするのも結構お金がかかって、お小遣いをやりくりして苦労してつくったんだよね。
長電話をいつも注意されてた。

ケータイが手放せない今の女子中高生の気持ち、ちょっと分かるような気がした。
[PR]
今日はぐっと暑くなりましたね。梅雨明けも近いのかしら?
さて、ここあんの夏が暑いのは皆さんご存じですね。
なので、7月のあぶぶは初旬の開催となります。
受付を開始しますので、お早めにお申し込み下さいませ。

わらべうた”あぶぶ”
①7月7日(木)午前10時半〜
②7月7日(木)午後2時〜
③7月8日(金)午前10時半〜
④7月8日(金)午後2時〜

おっと、それからゲストデーのお知らせもしなくっちゃ!!
7月1日(金)ゲストデー
ゲスト:セレン環境教育事務所さまによる「虫除けスプレー」づくり
午前10時〜12時
午後2時〜5時
お好きな時間にお出かけ下さい。
爽やかな香りの虫除けスプレーが作れます。
協力金の他、材料費が必要です。

[PR]
あら、いつの間にやらここあんは夏模様。
すだれがかかって、障子が開け放たれました。
庵主さんは腕組みして外を見ています。
外って、裏庭のこと。
きっと草取りしようかどうしようか考えているのでしょう。
あのね、庵主さんは「気持ち」で動く人のようよ。
「それっ!」って気分になったときに動き出す感じ。
きちんきちんと予定通りにやれる人ではなさそうです。
あの腕組みの状態から察すると、今のところ外へ出て草取りすることはなさそうね。

それはそうと、このところ「ここあん」は暇よ。
イベントがないときは、ほとんど暇と言ってもいいくらい。
もったいないね、イベントのない日のここあんにこそ価値があるって私は思うんだわ。
子どもを通じて己を見つめる、子己庵の時間を自分のために使うといいと、私、カチカチコチコチ、時を刻みつつ、若いお母様たちを見ておりまする。
[PR]
近頃、息子二人が揃って甚平を着ているのをみて、ニヤニヤしている。
Tシャツに短パンが夏の家での過ごし方だったが、先日珍しく某デパートを親子してうろついているとき目についた甚平に、二人が「ちょっと着てみたいかも」と反応したのをいいことに、つい財布の紐を緩めてしまった母でした。
もう社会人の二人だけど、甚平くらい買ってやっても良いわよね。

小っちゃい頃の二人、夏にはよく甚平着せてたな〜って、しみじみしてみる母でした。
[PR]
d0131255_9134532.jpg
雨を心配したけれど、雨は止み、少し風のあるキャンドルナイトとなりました。
今年は、東日本大震災の犠牲者を悼む気持ちを携えてのキャンドルナイトにしようと、日本をかたどったパネルを設置し、そこにキャンドルを灯しました。
残念ながら小さなキャンドルは風で吹き消されてしまい、思うようにはいきませんでしたが、気持ちはね、被災地の皆さんに寄り添うことができたかな。
写真は、終盤、すでに灯されたろうそくが消えはじめていたので、周辺に設置していたペットボトル灯籠を地図上にならべた様子です。
キャンドルトークは「防災のはなし」、市の危機管理室長にお願いしました。参加人数は少なめでしたが、皆さん真剣に聴いていました。やはり、自分たちの問題として捉えることができたのは、大きな災害の後だからでしょう。あってはならないことが起きる、それが災害なんですね。
「暗闇マーケット」でこっそり買い物した品々、後でまた紹介しましょうね。
[PR]