<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

へこ帯でおんぶ&だっこ

おむつなし育児の会報告です。
今月は常連さんが里帰りや風邪ひきで皆お休み007.gif、お一人目のお子さんの時ここあんに通って下さった方がお二組、お二人目さんを伴っておむつなし育児に初参加012.gifして下さいました。
お子さんをおまるに座らせてみたり、お茶を飲みながらゆっくりお話が出来て私は楽しかったけれど、おむつなしの実践者さん同士の交流ができたら、ほんとは良かったんですけどね〜
しかし、こちらをご覧下さい。へこ帯使用のおんぶとだっこ、格好いいっ!!049.gif
五ヶ月のHちゃんを伴い来て下さったIさんのへこ帯ライフ、写真に撮らせて頂きました。
まずは「だっこスタイル」。装着法はスリーピースラップと全く同じでした。
d0131255_21302758.jpg

そして「おんぶスタイル」赤ちゃんの頭が高い位置にありますね。そして手も自由に動きます。
d0131255_21294352.jpg

おんぶスタイルの前はこんな感じ。
d0131255_21363771.jpg

カメラマンが悪くて申し訳ないですが、この時、Hちゃんすごくご機嫌だったんです。
帯を脇の下に通してママがおんぶ体勢に入ると、とたんに笑顔で大喜び。おんぶや抱っこが大好きなんでしょうねえ。

私、いたく感激致しまして、次回おむつなし育児の会にて「へこ帯でのおんぶとだっこの実演」をお願いしちゃいました。
へこ帯を使ってみたい、という声も以前から聞こえていましたので、この機会に教わって自分のものにしてみませんか?
私もへこ帯おんぶ、習得しておきたいと思いますので、みなさんよろしくお願いします。

11月のおむつなし育児の会は11月21日(月)午前10時半〜です。
いつもより一週早い開催です。参加希望者は事前に参加表明、お願い致します。
[PR]
by coco-an | 2011-10-31 21:47 | イベント報告 | Trackback | Comments(2)

ドマーケット報告

ドマーケットが終わりました。
やっぱりみお屋さんのカフェ、大人気。
「予約できるの?」と聞かれる度に「先着順!」と返事したのは確かだけれど・・・。
混雑のピークは11時半。あたふた、あたふた・・・。
秋風弁当はあっという間になくなり、お客さん以上に落胆したのはドマーケットのおねいさんたち。
「ええっ!お弁当を食べるのを楽しみにドマーケットやってるのに〜」って、この世の終わりの形相。
お弁当の残りのおかずをうらめしそうに見つめつつ、「このお残りでさあ〜、まかないランチつくってもらえないかしら」の有無をいわせぬお願いに、ちゃんとこたえてくれる心優しきみお屋さん。
「奈落の底に落ちたと思ったら、すごく良いところに落ちたかも」って、まぜこぜのまかないランチを皆大喜びでいただきました。
d0131255_8512449.jpg
いつもはよそ見している間に売り切れてしまう器。
今回は少しお値段高めの設定のためか後半になっても残っていました。
値段設定って、難しいですね。(ここあん用に二つ求めました。)
d0131255_8552162.jpgこのところ、ドマーケットには職人さんが登場します。
今回は「消しゴムはんこ」の職人さん。
ひとり静かに小さな小さな消しゴムを彫っていらっしゃいます。

いつもの人たちやお久しぶりの人たち。
いろんな人たちとここあんでゆるりと過ごせるドマーケット。
次回は来春(たぶん)の予定。
進化し続けるドマーケット、その変貌ぶりは、思いついたおねいさんたち自身が一番驚いているかも知れませんね。

そしてそして、ドマーケットのおねいさん方をはじめ独身女子たちの婚カツをサポートするお役目も、私、忘れてはおりませんよ。
ここあんで婚カツ!
この冬になんとか実現いたしましょう。
[PR]
by coco-an | 2011-10-31 09:08 | イベント報告 | Trackback | Comments(2)

11月のお便り

お便り、できました。
d0131255_2149344.jpg
d0131255_21532535.jpg

[PR]
by coco-an | 2011-10-29 21:53 | ここあん便り | Trackback | Comments(0)

ちょっとだけよ

d0131255_2056216.jpg

ちょっとだけ紹介しますね、昭和レトロ市はこんな感じ。こちらM&YのMの方。
Yの方は、さらにレトロ感漂うお洋服たち。来てみてのお楽しみ。

お洋服の他にも、
30年前のオフホワイトのロングブーツ(Y)
同じく30年前の金のビーズバッグ(M)もあったりするんだよ。
[PR]
by coco-an | 2011-10-29 21:09 | お知らせ | Trackback | Comments(3)
おねいさんたち(独身女子)が思いついてはじめた「ドマーケット」。
今回で6回目になります。
みおやさんのランチと合わせてすっかり定着。
明日30日(日)、午前11時から午後3時まで、ここあんにて開催します。

さて、ドマーケットに合わせて「M&Yの昭和レトロ市」を密やかに開催します。
(ネットで公表する密やかって???)
1980年代〜のお洋服などちょっぴり展示しておりますので、「着たいわ〜」という方はお声がけ下さいね。
ネットで同時代の古着をチェックしてみると、結構いいお値段で売られていますね。
戸板市やフリマには出したくない、けれどもう着ることはできない、そんなものたち。
意外にたくさんあるんだけど、少しだけ出してみます。

さあさあ、準備に出かけなくっちゃ!!
[PR]
by coco-an | 2011-10-29 09:34 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

来月の予定

11月の催し日程をお知らせします。参加申込みの受付は週明け31日からです。

わらべうた あぶぶ
11月15日(火)午前10時半〜・午後2時〜
11月25日(金)午前10時半〜・午後2時〜
参加費:500円

土曜日文庫
11月19日(土)午前10時半〜(11月と12月は一週遅い開催です)
参加費:ここあん協力金

おむつなし育児の会
11月21日(月)10時半〜(11月と12月は一週早い開催です)
参加費:ここあん協力金

お外遊び
11月29日(火)10時半〜
参加費:500円 ホットドッグを作って食べよう

ゲストデー
(ゲストデーへの参加申込みは不要、都合の良い時間にお出かけ下さい。)
11月22日(火)午前10時〜12時 午後2時〜5時の間
ゲストはセレンの林さん 蜜蝋クリーム作りのワークショップに参加できます。
参加費:ここあん協力金+材料費
[PR]
by coco-an | 2011-10-28 21:39 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

気の長い話

d0131255_8342580.jpg昨年から収穫をはじめた「数珠」です。
ここあんに行くたびに、色づいて黒くなった数珠をひとつひとつつまんでいますが、1週間でこんな感じ、お手玉ひとつ分もありゃしない。
本気でお手玉を作ろうと思ったら、ここあんの裏庭じゅうを数珠草でいっぱいにせにゃならんかも。
ちょっとそれは嫌だわね〜。
ま、とりあえず、集めて乾かして、何年かかるかわかんないけど、そのうちお手玉1個分(およそ130㌘)になるかしらねえ。
さて、今日も何粒か収穫しましょ!!

ところで、数珠ってハトムギに似ているよね。
まさか同じ?って思って調べてみたら、見分け方として数珠は上向き、ハトムギは下を向くとあった。
数珠は野生、ハトムギは栽培種ということらしい。
それならさあ、数珠も乾かして煎じて飲んでみるもよしってこと?。

いくつになっても発見がある。
裏返せば、それだけ知らずに生きてきたってことだけど。
[PR]
by coco-an | 2011-10-28 08:51 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

共感

先週から県内巡回中のアートスタート、今日で一区切り。
歌子さんの笑顔と歌声とにすっかり魅せられちゃったね。
そしてそして、相棒のF氏の子どもへの眼差しにすっかり意気投合(勝手に)。

私、ワークショップ付きの公演、あまり好きじゃなかったの。
せっかく良い雰囲気で本公演を終えたのに、その後のワークショップではしゃぎすぎたりすると、何だかもったいない(余韻が台無しになる)ような気がしてさ。
でもでも、今回のは違いました。
素敵なコンサートをより深く楽しむことができる、そんなひと時になっていました。
F氏が赤ちゃんの耳元でカリンバをポロンぽろんしたり、太鼓の響きをそ〜っと近づけたり、
余計なことや言葉は持ち込まないの。
小さな人たちに「どうですか?」って言葉でなく、目と心とで音を頼りに問うているような、そんな感じ。

公演後の昼食会に同席させてもらったとき、「アートスタートを通じて、親自身が子どものことを発見できるといいな」って話しをしたら、「うん、それが自分たちの仕事だと思う」って言って下さった。
嬉しいなあ〜、子どもへの向き合い方、アートスタートへの思い、それらを共有できるアーチストさんと出会えたとき、天にも昇る気持ちになる。
来年も又、お呼びできるといいなあ。
[PR]
by coco-an | 2011-10-27 23:26 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

土日の出来事

d0131255_21244634.jpg土曜の深夜(正確には日曜ね)に米子鬼太郎空港へ行ったのは、このためよ。
何と1番当選のため最前列に座ることになっちゃって・・・。
きゃーっ!!真っ正面よ!!
私の膝からおよそ1.5メートルのところにさださんが座るのね。ちょっとどきどき・・・、のはずだったけれど、いや、座ってはいたけれど、
黒ポロシャツ姿のでっかいカメラマンのお兄ちゃんが「でんっ!」とカメラを方に乗っけて私とさださんの間に居座ることになるとはね。
私の視界の8割は、この黒ポロシャツのカメラマンさんの背中が占めていましたね。
さださんの、声はすれども姿は見えずの1時間半。
立ち上がった時とうたを歌う時だけはバッチリ見ることが出来ました。
d0131255_2142038.jpg夜遊びの後、睡眠時間3時間で頑張って出かけた倉吉。
ひと仕事終えて未来中心隣のリス舎で日本リスを眺めてひと休み。
可愛い〜。
どのリスもお食事中。それもかなりせわしなげにカリカリ、カリカリ・・・。
音のするところを探していくとリスがいます。
こんなに可愛いの、知らなかったなあ。
これからちょくちょく来てみよう。
d0131255_21485755.jpgリスに癒されたあと、仲間の経営するてぬぐいやさんへ。
真空管のレコードプレーヤーから流れている、この声は・・・、キー坊じゃないの〜。
上田正樹の声にしばし「うっとり」。

あれやこれや、なかなかの充実ぶり、土日の私。
[PR]
by coco-an | 2011-10-25 21:58 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(3)
今、子ども向けイベントに事欠かない。
子育て支援の名の下、その気のある人であれば連日飽きることなく参加できる催しや場所が用意されている。
「アートスタート」もそうした数あるイベントの中のひとつと捉えられがちだが、決して一過性のイベントにしてはならないと思う。
小さな地域(人口)単位で、行政と地域住民とでその地域の子どもひとり一人を育むための手がかりとして繰り返し行えるのが理想。
その地域の教育・文化・福祉に関わる行政職員が住民(個人・グループ)とともに関わるのがいいと思う。

先日もアートスタートの会場で、その後のフォローが必要と思われるご家族に出会った。
二人の幼い姉妹とご両親、どうしても会場に入ることができない。
お子さんの「いや!こわい!」の言葉、本当は何を表そうとしているのだろう。
同じく泣き濡れている母親の様子も気になった。
忍耐強くお子さんを抱きながら寄り添う父親の姿に、放ってはおけない感じがして、少し距離と時間を置きながらもこの親子にとって最善の対応をと話し合う。

人には個性があり、育ち方も皆違う。子どもの意志でアートスタートに出かけてくるわけではないのだから、子どもが泣いて拒否したり、舞台とは無関係にはしゃいだり走り回ったりすることだってある。それは当たり前のことだと思う。
けれど、それを理解した上でアーチストは子どもたちの心に近づいて行く努力をするし、スタッフもそれを支えるべく参加者に無理のないサポートをする。
会場のいる全ての子どもと親たちがその人なりの満足感を得られるように心地よい空間を保ち続けること、それがアートスタートのプロの仕事。
それでも上手くいかないときがある。そうしたときは小さな子どもたちに無理をさせないためにも「諦めて次の機会を待つこと」を優しく伝える、それもまた、私たちの大切な役割。
けれどね、諦めきれない気持ちを自分で抑えきれなくなるお母さんもあるの。
こうなると、地域の保健師さんや保育士さんの出番。その後のフォーローも安心してお任せできる。

お芝居や音楽、非日常の一時を親子で体験しながら豊かな感情を響き合わせる場所、そこでは親子だけでなく、家の子を見守ってくれる人たちがいるんだと実感できる。「シアター・劇場」とは、そもそも人々が集い心を通わせる場所のことではないか。
だから、アートスタートが親子共に安心できる空間であるようにと願っているし、そうなるように頑張らねばと思う。

先ほどの気になる親子。アートスタートのコンサートの部には参加できなかったが、終了後のふれあいタイムに参加ができ、その家族のためだけの一曲を涙の中で聴き、最後には二人のお子さんが笑顔でさよならできた。
次又お会いするとき、このご家族に笑顔が溢れていることを願いながら見送った。
[PR]
by coco-an | 2011-10-24 09:21 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an