12月の外遊びのご案内です。
12月2日(火)午前10時半〜12時
参加費:ここあん協力金
参加希望者は事前にお知らせ下さい。
お天気に合わせた服装でお出かけ下さい。

12月が、すぐそこまで来ています。
ああ〜、どうしよう・・・。
やり残しは例年の如くだけれど、
今年は何故か、気持ちが焦る。



[PR]
今日も雨振り。
一昨日まで快晴続きだったので、一気にテンション下がる。
気分を変えてみよ〜っと。
d0131255_07371099.jpg
私のPCデスクの一番上は「お気に入り」をしばし眺める場所となっています。
新入りはタコのハッちゃん。
先日、こども未来ねっとワークが実施したアートスタート参加者(子どもたち)へのお土産でした。
協力団体の若い人たちのアイディア、可愛くて大人気。
上演は人形劇団ココンさん。
子どもの笑い声と大人のクスクスや大笑いとが違うところでわきあがる、色んな意味で面白い人形劇でした。
d0131255_07500989.jpg
さて、美味しい珈琲はいかがですか?
古民家カフェでのひととき。な〜んてね。
ごくたまに、近くの器やさんへ物色にでかけ、およばれしたりなどするもまた楽し。
珈琲の器、いいなあ〜、小鉢にも、蕎麦ちょこにも使えそう。
(あ、いかん、器やさんの作戦にはまったか・・・。)

さ〜て、・・・と。
昨日よりコンニチハ人形劇第3期滞在が始まりました。
ここあんで、制作場所「松荘」で、いよいよ追い込み作業です。
てごにんさん大歓迎いたします。



[PR]
今月のとことこは、新メンバー2名が加わりいつも以上に賑やかでした。
とことこの人たちは2歳、3歳、4歳の計7名。
身体の大きさはもとより、動きや楽しみ方も、”あぶぶ”のちびちゃんたちとは大違い。
とにかくパワーがあってエネルギッシュなんです。
時に恥ずかしそうな素振りも見せますが、何でもやりたい!って気持ちが全開です。

今月は、以前ここあんにお泊まりいただいたことのあるNさんのFBをまねっこさせてもらい、クリスマス飾りを作ってみました。
d0131255_18091445.jpg
d0131255_18090423.jpg
お家のツリーに飾るもよし、天井からぶら下げるもよし、窓辺につるすもよし。
カラフルな毛糸を加えたりシールを貼ったり、色々に楽しめそうです。

わらべうたと絵本のあとは、ここあん風亥の子餅を食べました。
亥の子餅は、その年にとれた新米に雑穀を混ぜて炊き(蒸し)ついて丸めればよい、とのこと。
それなら浜の郷土料理「いもぼた」の要領で
d0131255_18152312.jpg
d0131255_18151224.jpg
d0131255_18153670.jpg
いもぼたは餅米+さつまいも+さといも、でつくりますが、今回は新米+もちきび+さつまいも+ごま+あずき。
炊飯器で炊いてつぶして丸めてきなこをかけていただきました。
「おかわり〜」の声がうれしい、今日のここあん”とことこ”でした。


[PR]
日本海新聞、そして日本海新聞関連情報紙”うさみみ”・・・と、ここあんへの取材&記事掲載が続きました。
その影響でしょうか「一度来てみたかったんです。」とこのところ初めての来場者が増えています。

わらべうたの会”あぶぶ””とことこ”は、第二子、第三子を伴ってのご参加がほとんど。
ここあんのリピーター率はかなりなものですね。
お子さんの成長は本当に早く、ここあんに通っていたあの小さな人たちが小学校入学などと聞き「え〜っ!!」の私。

お母さんたちとの関係も、続いていくのは私にとって嬉しいことです。
「お子さんたち、変わりない?」と近況を聴き、その成長ぶりをともに喜べること。
みんな、忙しい中よく頑張っているなあ〜といつも感心します。
フルタイムで働きながら、子どもや家族のことに気を配るのはとても大変なことです。
ここあんに流れる時間を懐かしんで下さるのは、きっと時間に追われる日々の生活があるからなのでしょう。
暮らしの中のあれこれを完璧になど無理なこと。
時に目をつぶり、諦め、最も大切なことを選択しつつ暮らしていけば良いのです。
最も大切なこと、それはやはり「子ども」ですが、決して「殿様・姫様」にしてしまってはいけません。
守られるべき存在として大切にすることです。

「ここあんに来て良かった〜」と言ってもらえる事はもちろん嬉しいけれど、
ここあんで気持ちを整理したり、何かに気づいたり、スッキリしたり、
気持ちに何かしらの変化が生まれたなら、それが何より嬉しいなあと思っています。



[PR]

毎回満席、「良かった〜」と大絶賛の「和太鼓・志多ら」公演。
境港シンフォニーガーデンにて5年ぶりの公演がまもなく実現します。
年齢を問わず楽しめるのも魅力の一つです。
主催は文化NPOさかいみなと創造空間。
本当に良いもの、素晴らしき人々を境港にお招きするのがこの団体の自慢すべきところ。
今回も12月8日の開催日に向けて口コミ作戦本格化いたします。
しばらく「志多ら」情報が続くかも知れませんが、どうぞよろしくね。

[PR]
この季節恒例の「みつろうクリーム作り」ワークショップのお知らせです。
教えて下さるのはセレン環境教育事務所の通称「セレンさん」。
ここあんゲストデーという企画で、事前申込み不要のイベントです。
10時〜12時 14時〜17時の、都合の良い時間にお出かけ下さい。
ワークショップ受講者は、材料費のご負担+ここあん協力金をお願い致します。

これからの季節、お風呂上がりに、足(かかと)や手先に刷り込むのが私の日課です。
みつろうは保湿力が優れていて、べたつかないつけ心地がお気に入りです。

[PR]
急に冷え込んだからでしょうか、火曜日のあぶぶは欠席者続出。
これから一段と寒くなってきますので、体調をしっかり整えて過ごしたいですね。
d0131255_07433860.jpg
あぶぶのおやつは「さつまいも羊羹」。
ミオ・ファティリティークリニックの栄養士さんが心を込めて作って下さっている子育て中の皆さんへの提案おやつです。
レシピ付きで届くのですよ。
ねんねの赤ちゃんだった人が、あら!いつの間におやつを食べられるようになっている!!
あら、こっちの小さい人は一人でみんな食べちゃった〜。
わらべうたの後のにぎやかな、そしてお子さんの成長を目の当たりにするティータイムです。
レシピはここあんにストックしていますので、欲しい方はお声を掛けて下さい。
季節を感じながら、ぜひご家庭で作ってみてね。

d0131255_07541530.jpg
こちらは先日の土曜日文庫の様子。
草取りを済ませきれいになった裏庭で「♪おてぶし」をするYちゃん。
すごく上手くてどっちに隠したのか当てられない〜。
Yちゃんもあぶぶの卒業生です。



[PR]
ここあんで過ごす時間。
その穏やかな時が気持ちよくて、私は向かう。
近頃は特に、外へ出るのが一層おっくうになっていて、ここあんでひとりゴソゴソしていたりする。

気持ちが、外へ向かない時ってあるでしょう?
年令のせいなのか、心の状態なのか、元々そういう質であったりとか。

d0131255_08534875.jpg
外遊びで拾った「むくろじ」。
美しい黒。
これにきれいな羽根をつけるにはどうしたらよいかしら。
そんなことをぼんやり考える、ここあんの時間。

本日、ここあん自由開放日。
家族の都合(高齢者を抱えているゆえ送迎など)、またはNPO業務(ここあん付近の西部事務所)により、一時留守するかも知れません。
遠くから来られる方は、事前にご確認下さいね。
ここあん電話 0859-44-8607




[PR]
”あぶぶ”にて、「亥の子さん」の真似事。
d0131255_09111963.jpg
室内で小さい人たちとするたるために、こんなの作ってみたの。
d0131255_09121669.jpg
軽すぎて迫力はないけど、音が出てなかなか楽しい。

その話を家でしていたら、「灰に足を入れるのも亥の子さんだっただろうか?」と夫。
ばあちゃんに聞いて見るも「?」。

今度は「亥の子餅」をつくってみることにしよう。

[PR]
d0131255_1243395.jpg

d0131255_12432388.jpg

[PR]