8月も残すところ明日1日。
9月からは、心を入れ替えてここあんのおばあちゃんに戻らねば。
d0131255_16370450.jpg
先日、いつもの仲間達にこうして助けられ、裏庭の草を刈りました。
よかった、よかったemoticon-0105-wink.gif

この夏は、子どもの頃の記憶をだぐり寄せながら、長い長い文章を書いていました。
今、ちょっと思うがままに続けて書きすぎて自分でもわけが分からんくなっています。
それでも、書くことを止めることができない。
頭の中は、過去と現実とを行ったり来たりして、そのこと以外考えられなくなるほどです。

ここあんのおばあちゃんに無事戻れるかしら?
9月のお便りをつくる気に全くならない自分に困り果てながら、やっとの思いでいつもの皆さんに9月の予定を知らせるお葉書を出しました。
d0131255_16513493.jpg
暑中見舞いを出すつもりが残暑見舞いになり、あげくは残暑とも言えない季節になってしまったと反省中。

夏の終わりまでに、今書き留めている長い文章にかたをつけるつもりでいたけれど、それは到底無理そうだ。
私をいつまでも引き留める、この業をいったいいつ終わらせることができるだろうか。
自らの意志で、やっかいなことに取り憑かれてしまったようだ。

[PR]
コピ・ルアック
美味しいコーヒーを入れるときのおまじない。
わたしは始め、そう信じていた。
数年前、その名前のコーヒーを、旅行のお土産だと家族がもらってくるまでは。

「珍しいコーヒーらしいよ」という息子の話に、ネット検索して驚いた。
数日後、通い始めたばかりのコーヒー店で、偶然にもその話題を耳にする。
「昨日、ご予約いただいていたお客様にお出ししたんですよ」と。
お土産の話をすると、本物、偽物、混ぜもの・・・種々あると聞いた。
「次は、いつ手に入るか分かりません」
そう聞いて、残念がる私に
「ちょっと、香りだけ確認してみます?」
マスターは、残り僅かとなった数粒のコーヒー豆が入った瓶を私にみせると、瓶の口を近づけ、そっと開いた。
「え?」
驚いた。フルーツのような甘い香り。
息子が持ち帰ったコーヒーとは明らかに違うものだった。
d0131255_18520239.jpg
2015年8月27日。
私は、あの日以来、いつか飲んでみたいと夢見ていた「コピ・ルアック」に再び出会った。
d0131255_18494190.jpg
鑑定書つきの正真正銘「コピ・ルアック」

あの時と同じ店。
マスターが丁寧に、私のための一杯に向き合う時間が何より嬉しい。
夕方の閉店前のお一人さまは、贅沢な時間を、まぼろしの味とともに過ごした。
数年前の香りとは違っていたものの、口の中に広がる甘みと独特の味わいは、今もなお舌の奥に残っている。

境港市、米子鬼太郎空港近くのコーヒー店。
「ありがとう」
今日は、記憶に残る味に出会えた。


[PR]
夏休みを満喫中のここあん庵主。
d0131255_153332.jpg

(庵主の妄想。こんなの被って旅に出たい・・・、モデルはだ〜れでしょ。)

そろそろ9月の予定が気になり始めましたので、お知らせしておきます。
ここあん 今後の予定
8月24日(月)おむつなし育児の会 10時半〜 参加希望者はおしらせ下さい。
8月27日(木)裏庭草取り 8:30〜 (関係者)
9月 1日(火)ここあん自由開放日 10:00〜12:00 14:00〜17:00
   3日(木)ここあん自由開放日 10:00〜12:00 14:00〜17:00
   7日(月)あがりみち保育所年長児ここあん訪問 10:00〜(関係者)
  11日(金)わらべうた”あぶぶ”10:30〜 (定員に達しています)
                  14:00〜 (受付中。参加希望者はおしらせ下さい)
  12日(土)土曜日文庫 10:30〜 参加希望者はおしらせ下さい。
  15日(火)わらべうた”あぶぶ”10:30〜 (定員に達しています)
                  14:00〜 (受付中。参加希望者はおしらせ下さい。)
  17日(木)ここあん自由開放日 10:00〜12:00 14:00〜17:00
  18日(金)わらべうた”とことこ”10:30〜(定員に達しています)
  24日(木)ここあん自由開放日 10:00〜12:00 14:00〜17:00
  26日(土)ここあん自由開放日 10:00〜12:00 
  28日(月)おむつなし育児の会 10:30〜 参加希望者はおしらせください。
  29日(火)ここあん自由開放日 10:00〜12:00 
        (島根県松江市より視察予定あり)

※ あぶぶ、午後の部では、妊婦さんをはじめ、わらべうたを覚えたい大人の参加者も受け入れいたします。詳細はお問い合わせ下さい。 
※ 9月の第2週、及び第5週には、アーティスト滞在の予定があります。
※ 外遊び、蚤の市の予定については、決まり次第お知らせします。

夏休み中の私、墓参り以外どこへも出かけず、ひたすら没頭していることがあります。
ブログもFBもほったらかし。
にも関わらず、休み中に終わりそうにない。
宿題の終わらぬ小学生の気分です。
[PR]
ありがたや。
d0131255_17060384.jpg
かぶりつきたくなる完熟トマト。
黄色いミニトマトは、湯むきして冷やすとまさにフルーツemoticon-0115-inlove.gif

[PR]
自給自足の生活をしつつ、その暮らし方を伝えようとcafeを開いている「いちまいのおさら」にお邪魔した。
d0131255_08060966.jpg
生活に必要な電気までも自給しているという暮らしぶりを実際に見せて頂こうと、キャンドルナイトの仲間と共に。
d0131255_08061767.jpg
元気の良いニワトリたち(遅めの朝ご飯に群がっているところ)
d0131255_08062576.jpg
cafe施設も手作り。室内のテーブルや椅子、かまどなども全て自作であろう。
d0131255_08062124.jpg
自ら設置したソーラーパネルで電気を自給しているが、必要に応じて電力会社からの電気も利用。
発電量や蓄電量などなどが一目瞭然(おばさんには理解不能emoticon-0107-sweating.gif)な電気管理パネル?
d0131255_08063167.jpg
酷暑の中での調理。野菜のグリルは熱々を、サラダにメロンのシャーベットはひんやり。
冷製スープ、手打ち麺のトマトパスタ等々、お話ししながら手際のよいサービス。
デザートは?「いただきま〜す!」
「産みたての卵をとってきてつくりますね」emoticon-0104-surprised.gif
d0131255_08062821.jpg
熱々のワッフルに冷たい桃のコンポート、オーガニックのコーヒー・紅茶。
何もかもが、ごく自然にするするとお腹に納まっていく。
「ごちそうさまでしたemoticon-0111-blush.gif

決して無理をしない。
けれど自らの暮らしに揺るぎないものがあり、しなやかだけどぶれない強さを感じたなあ。
「若いのにしっかりと考えて生活していてすごいわ。」感心しきりのおばさん4人衆でした。
d0131255_08061414.jpg
今年度、全労済の助成金を受けることになり、キャンドルナイト20回目の事業を通じて色々と学びを深めている。
この冬はどんなイベントにしようか、仲間と共に考えていこう。

16年前、新築を機に屋根上設置した我が家の太陽光発電。
そして、夜間利用の電気温水器設置をはじめとしたオール電化住宅。
東日本大震災以後、原発推進に荷担しているような後ろめたさがぬぐいきれずにいたが、やはりそうなんだねと確信した。

本当の意味での「エネルギーの自給」について、私こそ考えなきゃならない。





[PR]
「夏休み」と口に出してみるだけで、言いようのない開放感に包まれる。
d0131255_8112184.jpg

そう、ここあんは夏休み。

日々、様々な予定は入っているが、「夏休み」なんだも〜んemoticon-0122-itwasntme.gif

南陀楼氏の「ほん ほん 本の旅あるき」をペラペラめくりながらお茶飲んだりしてね。
「一箱古本市」の発案者、南陀楼さんは島根のお生まれ。
のほほ〜んな気分で目次を見れば・・・鳥取の文字。
鳥取市、松崎、そして境港にもお立ち寄り頂いたことが分かり、密かにガッツポースemoticon-0148-yes.gif

本を愛する人たちがまちと暮らしを楽しむ様が伝わるこの一冊片手に、旅するのもいいかしら。
[PR]
8月に入りました。
毎年、8月は夏休みのここあんです。
ここあん利用者の皆さまには、9月からのご案内他、個別にご案内させていただきますのでご安心下さい。

お休み中はNPOのお仕事に励まなければなりません。
お仕事、第1弾。
d0131255_956597.jpg

病気療養中の子ども達の所に「笑顔になれるひととき」をお届けするため、募金活動を開始します。
募金箱設置にご協力いただける方はご一報下さいね。

療養中のお子さん達が対象の事業なので、支援者の皆さんに実際の様子を見ていただくことができません。
詳しい様子をお伝えすることも守秘義務厳守のため難しいです。
けれど、子ども達の治療に当たっておられるお医者様をはじめ病院関係者のみなさまから「ぜひ次回も」と強く要望があること、それが事業に対する評価だと思っています。

この事業の特徴は、パフォーマーが目の前の子どもひとり一人と関わることでしょうか。
病室から出ることのできない子ども達も少なくありません。
今年はホスピタルクラウンによる病室訪問を予定しています。
辛いこと、苦しいことの多い入院生活。ほんの一時でも"笑顔”になれる機会をつくれたらと願っています。

NPOの活動の多くは、補助金や委託事業等で行うことが多いですが、「ホッとアートプレゼント」に関しては、皆さんの善意により継続実施していきたいのです。
ご協力、よろしくお願い致します。
[PR]